NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会
FC2ブログ

12/7 子育て応援フェスタに参加

先日行われた子育て応援フェスタに、私たち越谷にプレーパークをつくる会も参加してきました。
プレーパークの醍醐味といえば、外で思いっきり遊べること。
でも今回は屋内の限られたスペースでの遊びです。

いつもプレーパークに来てくれているママたちと一緒に、
どうやったらプレーパークらしさのある楽しい空間を作れるだろうとたくさん意見を出し合いました。

「体を使ってのびのび遊ばせてあげたいね」
「まだ歩けない赤ちゃんたちが遊べるスペースも必要だね」
1_20181218194248db1.jpg 
「この前外で紙ヒコーキを飛ばしたら楽しかったから屋内でもやってみよう!」
「プレーパークがどんなところか知ってもらえるように写真も飾ろう」
2_20181218194249f26.jpg 
そうして出来たのが「なげて とばして あそぼう」をテーマにした空間です。

折り紙や新聞紙を用意して玉や紙ヒコーキを自由に作ってもらって
遊んでもらえたらいいなぁと思いながら準備しました。
3_201812181942507ee.jpg 
しかしそう簡単に思い通りには行かないもの。
玉の取り出し口が絶妙に子どもが入りたくなるサイズだったようで、
入れ替わり立ち代わり子どもたちが入って遊んでいました。

終いにはダンボールの中の少年と
そこに向かって投げる子どもたちとの遊びへと変わっていました!

そんな子どもたちを見て「子どもは遊んだ方が力がつくのよね~」と声をかけて下さった方がいました。
それを聞いたスタッフはなんだか励まされたようで良い言葉を頂いたと言っていました。

プレーパークでは子どもたちが自由に遊べるよう、
なるべく「ダメ」を言わないようにしています。
自由にのびのび遊んでいる子どもたちを見ていると、
何だか見守るパパやママも穏やかな時間を過ごすことができます。

この子育て応援フェスタで初めてプレーパークを知ったという方と
たくさんお話をすることができました。
少しでも興味を持った方は是非一度足を運んでみてくださいね!

(とまと)

スポンサーサイト

11/29~12/2 大袋プレーパーク連続開催

11/29~12/2 大袋プレーパークは4日間の連続開催だった。
秋から冬に向かうこの時期。いつもなら少し寒さが身に染みてくる季節だが
今年は暖かい。穏やかな外遊び日和の4日間だった。

今回の開催で盛り上がっていたのがゴザを使ったチャンバラごっこだ。
男子たちが時間を忘れて夢中になっていた。
その日ごとにメンバーが変わるのに、同じ遊びが始まるから不思議だ。

畳屋さんからいただいた古くなったゴザをくるくると丸めてガムテープで留めて
剣にみたてて相手をたたく。・・・それの繰り返しの遊び。
1_20181205001003663.jpg 
棒のようなもので戦いごっこが始まることがあるので、
危なくなく本気で戦うことのできるアイテムとして
ゴザは常に用意してある。
それでも叩かれたら痛いし、泣きながら本気になってたたき出す子もいる。
大人からしたら間違いなく「危ないからやめて!」という遊びである。
彼らが夢中になる理由は、プレーリーダーたちが本気で戦いに挑んでくるからだ。
簡単には勝てない相手。
「勝ちたい」という気持ちが彼らの知恵を生む。
みんなで戦い方を相談したり
役割分担を決めたり・・・
泥爆弾を製造する役割の子たちも現れていた。
2_2018120500100582e.jpg 
頭を使うだけでなく、
相手を叩いた時の感触や叩かれた時に痛みを感じる戦いごっこは
ゲームの中の戦いより数段面白いと感じるはず。
それと同時にお互いが面白いと感じる加減も学ぶのである。
自分よりも弱い相手には「手加減」ができるようになる。
5_2018120500100936f.jpg 

彼らの遊びっぷりにさすがのプレーリーダーたちもへとへとになるようだ。

一方で別のプレーリーダーと築山のてっぺんに足湯をつくった子ども達もいた。
3_20181205001007347.jpg 

それから指編を教えてもらい、夢中になった子ども達もいた。
4_201812050010083bd.jpg 
様々なスキルをもったプレーリーダーがこの場にいることで
様々な遊びが生まれてくる。
彼らが子どもの気持ちに寄り添うことを何よりも大切にしているからだ。

<あや姐>

11/17 東越谷プレーパーク

11月17日(土) 東越谷プレーパーク

~6年生のツリーハウスと1年生の家~

1年ぶりに東越谷プレーパークへ。
「おはよう」と遊びに来た男の子たちを見ると
背が伸びて、声も変わって、驚きました。
6年生になると男の子はこんなにも変わるのですね。

6年生たちが木に集まって何をしているのかと思っていたら、
作っていたのはツリーハウスでした。
2_20181122110113932.jpg 
木の枝に見事なバランスで板が乗っています。
バランスの悪いところに木切れで高さの調整をして、
平らな床を作り出していました。
 
一人が座れるくらいのスペースですが、そこでお昼を代わる代わる食べています。
うらやましいと思いながら眺めていると6年生が教えてくれました。

「今日で(ツリーハウスを)作るのは4回目。
初めての時は一日かかったけど、もう午前中だけでできるようになった」のだそう。
 
今日はさらにもう一つのフロア設置に初挑戦。
見事二人が一緒に木で過ごせるように。
まさに「どや顔」(得意顔)を見ました。
3_20181122110115897.jpg 


我が家の小1息子は家作りにはまっています。
そのきっかけはこのツリーハウスも作ってしまうお兄さんの家作りを見たからだと思います。
今日も、プレーパークで出会った大好きな友だちと家を作るんだ!と大張り切り。
木の板で囲ったり、布で屋根をつければ出来上がり。
4_20181122110116cdd.jpg 
友だちと「家」でお昼を食べ満足そうでした。
引っ越しも2回し、
最後にいい土地(場所)を発見してまた家を作り、
幼稚園生の女の子や2歳ちゃんたちも一緒に入って遊んでました。

1年生の息子は、ツリーハウスは自分で作れないし、
登れないと分かるからか「すごい」とひとこと言いながら、興味はない様子。
自分たちが作った家が最高だ!と思っているようでした。

子どもたちがそれぞれ作ったものに満足し遊ぶ姿。それは見ていてとても心地良かったです。
5_201811221101189e7.jpg 

☆落ち葉のステンドグラスも楽しみましたよ。

1_20181122110112db0.jpg 
(かなもん)

11/3 大袋プレーパーク

 今日、午前中越谷市市政60周年の式典があり、
越谷市のプレーパークを運営するNPO法人の代表をつとめる私は感謝状をいただいた。

越谷市に常設のプレーパークをつくりたいと
仲間とともに活動をはじめて15年が経つだろうか。
一緒にプレーパークで過ごした息子達は成人し社会人となっている。

子どものやりたいことが自由にできる場所。
ありそうでなくなってきているその場所を越谷市にもつくりたい。
そんな思いと同時に
私のような普通のお母さんが「ほしいなら自分たちでつくればいい」と気づき
少しずつ実現していけることに面白さを感じた15年だった。

家庭のことや仕事のことと、時間をやりくりしながら行うこの活動は
大変なこともたくさんあったが
それを「楽しいこと」に変えてくれたのは
愉快で心豊かな仲間たちと
夢中で遊ぶ子ども達の「あーたのしかった!」の一言だ。
1_20181117224352b6d.jpg 2_20181117224355a96.jpg  
子どもが元気に遊ぶまちはいいまち。
私が信じていることだ。

越谷市が遊ぶあふれるまちでありますように。

(あや姐)




11/8 ちびころ

泥遊びが大好きな息子。

毎回、裸足になってうにゅうにゅと感触を楽しんでいます。

今日は大きなフライパンでお料理開始!
泥のお肉に葉っぱのお野菜かな?

作ったと思ったら出してみる 
出したと思ったら投げてみる        

思いつくまま自由に遊ぶ息子の姿にとても癒やされる時間です。

汚れちゃうからだめだよー

なんてもったいなくて言えません(笑)

普段の公園では遠慮がちな泥遊び 
ここでは
「いい遊び方してるねー!
気持ちいいね!」  
と笑顔で声をかけてもらえます。

見守ってくれる方達が温かく、それがすごく嬉しいです。

今回のちびころでは、

柿にリンゴ、焼き芋、焼きリンゴ、焼きさといも!
2_20181117221157ae0.jpg 

1_20181117221155a15.jpg 
それにあったかーいスープ
色々な秋の味覚を楽しませていただきありがとうございました(*^^*)

おいしかったぁ
幸せだー

お腹も心も満たされた息子は
ぐっすりお昼寝です。

わたしも子どもも穏やかに楽しめる場所
笑顔の場所
3_2018111722115851d.jpg 
また行きたくなる場所
それがわたしが思うプレーパークです(^^)
4_201811172212008a4.jpg 
次回が待ち遠しいなぁ

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


-1月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5日(土)

♦ちびころ…
25日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ