NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会
FC2ブログ

6/13 ちびころ

梅雨に入りましたが、ちびころ今回もよく晴れました。
日陰に入ると風が心地よいです。

なんとかお昼前に駆け込んで来た娘と私。
入り口のすぐ横で、子ども服のリサイクル交換スペースがシートに広げられていました。
子どもとの遊びは後回しでお洋服へ直行です。
1_20190622112219321.jpg 
リサイクルショップ等へ持参すると、少々の汚れやほつれでも返却されてしまっていたので…。
こういう場なら、泥んこ用にもらってくれる人がいるかもしれないと出せるので有難いなと思います。

お昼はプレーパークならではの手造り流しそうめんタイム。
2_20190622112221914.jpg 
お母さん達で材料を持ち寄り、竹の中へ…つるつる、ころころ。きゅうりが流れトマトが流れ、
時々流れてくるピンクや緑の素麺が取れると少し得した気分になれるような。
きゅうりを自分で切った子も、初めての流しそうめんに嬉しそうな子も集まって盛り上がっていました!
お母さん達も、手際良く素麺の台を組み立てていたのにビックリでした。
いつもの台所とは違う楽しさがありそう!

そこには参加せず、10歩後ろくらいから様子を見つめ、持参のおにぎり食べてる娘…。
何度か誘っても入りたがりませんでしたが、まあいっか。
以前ならみんな集まっている時に参加しないと!って
親の自分が慌てて子どもを連れて入っていたと思います。

でも、その後他のお母さんと一緒に素麺を取れた娘は満足そう。

「やりたい人は、やりたい時に一緒にやろう」で受け入れてもらえる環境に感謝です。

シャボン玉やどろんこ遊びも、いつの回も必ずあるけど
「前に遊んだからもういいや」という気持ちにはならない不思議。
つい手に取ってしまいます。
それで大人はちょっとテンションが上がります。
4_20190622112224784.jpg 
6_20190622112227c05.jpg 
遊びの工夫とか、お話しとか苦手だから行けないな…
なんて思わなくても大丈夫です。
子どもにタイミングがあるように、大人にもタイミングってある気がします。

ずっと遠巻きに一人眺めているも良し、
少しだけ子ども疲れさせるために寄ってみるかも良し等々…。

タイミングが合った時に、ちょっと外遊びに行こうかなのきっかけ作りに、
「ちびころ」が頭に浮かぶような存在の一つになれれば良いなと思います。
5_20190622112225da8.jpg 
ぐっち
スポンサーサイト

6/1 大袋プレーパーク

6月1日(土)

今日のプレーパークには、越谷市内にある文教大学の学生ボランティアが13名もやってきた。
大学1年と2年で、教職や子どもとかかわる仕事を目指している学生たちだ。

さらに、今日のサブプレーリーダーも文教大生2名なので、
大学生の遊び場?と思うほどの人数の多さだった。

私にとってはまだまだ子どもと思うところもたくさんある彼らだが、
子どもたちにとっては立派な大人である。
大人が多い遊び場は、目が行き届いて危険が少なくなるともいえるが
子ども自身が考えて工夫したり創造力を発揮できる時間が少なくなるのではないかとちょっと心配になった。

なので、朝の打ち合わせで彼らにお願いしたのは
今日は「あなたたちが小学校一年生になって遊んでください。」ということ。
1_20190608221531253.jpg

さすがに今までにも子どもとかかわるボランティアを経験していた彼らなので
それぞれが遊び相手を探して一緒に遊んでいた。
学生だけが集まって話をしたり、何をしていいかわからない様子で固まっていることは少なかった。
彼らなりに工夫してくれたようだ。
2_20190608221533426.jpg

お母さんたちからも大学生がいるおかげで、子どもから目を離すことができのんびりできたとの感想もあった。
子どもを連れてきた親たちにはとても好評の遊び場になった。

だけど・・・
片づけが終わって大人たちが今日の振り返りをしている間に遊んでいた男の子二人の遊び。
彼らは築山の下の土管の内側の壁や天井に泥をぺたぺたとくっつけて遊んでいたのだ。
「工事ー!」なのだそう。
3_20190608221534bf0.jpg

こんな遊びは大人がみていないところで、彼ら二人きりだからできた遊びなのではないのだろうか。
なぜか私はこっちの遊びのほうが豊かだと感じてしまう。

私自身も子どもころ楽しかった遊びの思い出に大人は一人も登場しない。
やっぱり大学生の数を少し制限しようと、心に決めた瞬間だった。

<あや姐>

»続きを読む

5/24 ちびころ

スッキリと晴れ、既に夏のような陽気の日でしたが、
爽やかに風が吹き渡り、気持ちよく過ごせた一日でした。

シロツメクサとアカツメクサは今が花盛り。
原っぱ公園も一面のお花畑!

1歳半の息子は、いつのまにか上手にシャボン玉をつくることが出来るようになっていました。

ホースを手でいじくり、水のかたちが変わるのを楽しんだり。
土管のトンネルの中で声を出すと響くのを発見して、
歌のようなものを口ずさんでみたり。
4_201906031001108fd.jpg 
キラキラした目で世界と向き合っておりました。

持ち寄りの野菜とお米でつくったお昼ご飯を、
お兄ちゃんたちの作法をチラチラみながらまねっこして1人で平らげると、
またいそいそと遊びにもどっていきました。
2_201906031001070b5.jpg 

ママたちはアイスコーヒーとポップコーンを頂きながら
しばしお喋りに花を咲かせます。
3_201906031001084b5.jpg 
3月までちびころに通っていた娘も今年度から幼稚園に入園しました。
スタッフの方や仲間に「娘ちゃんは順調に幼稚園通ってる?」
「張り切ってそうだよね〜。」なんて声をかけてもらい、
改めて、周りの大人たちに気をかけてもらいながら子育てできることに、
嬉しさと安心感を感じた一日でした。

(さくらい さき)

5/9 ちびころ

今年度初めてのちびころは、緑の原っぱ公園に春の花が咲いて
まるで絵本の中にいるようでした。
今日は偶然男の子ばかり。
初めて来てくれた子も楽しそうに駆け回っていました。

持ち寄りの野菜も色とりどり。
お昼ご飯に具沢山のお味噌汁を作りました。
2_201905211122134ae.jpg 
タンポポの根っこってどこまで続いてるのかな?
掘ってみるとダンゴムシ達が出てきて大騒ぎ。
1_201905211122126e4.jpg 
シャボン玉におままごとに今日もたくさん遊びました。

ふと気づくと、
山の上で何やら子ども達だけでゴニョゴニョおしゃべりしたり
土を掘ったりして遊んでいます。…なんだか大人は入って行けない雰囲気。
小さな子ども達でも、もうしっかりと自分達だけの世界が広がっているんですね。

そんなときママ達は、テーブルでのんびりママカフェです。

今年度もちびころで、またたくさん子ども達だけの世界を作ってくれそうです。
3_20190521112214238.jpg 
次回のちびころは5/24(金)です。
初めてのお友達も気軽に原っぱ公園に遊びに来てくださいね。

クリボー

5/3~5 大袋プレーパーク

5/3~5 大袋プレーパーク3日間連続開催

アカツメクサとシロツメクサの冠
作りたい放題の5月。お孫さんと来た
おばあちゃん、あっという間に完成です。
1_20190518181823478.jpg 

初めての方、久しぶりの方、
たくさんの方が遊びに来ました。
ゴールデンウィーク…長過ぎると言って。
子どもが遊びに夢中になっている間に、
パパやママ、おばあちゃんも遊んでいる姿。
これぞプレーパークならではの光景です。
2_20190518181825672.jpg 

さて、連続開催2日目の朝、
「昨日、友だちができたんだ」とつぶやく
7歳の息子。誰?と聞いたらそれは
プレーパークで一緒に遊んだ大学生
のことでした。「友だち」なんですね。
3_20190518181826101.jpg 
3日間、プレーリーダーみたけると共に、
サブプレーリーダーとして活躍した大学生の
ちゅーしん。初めて会ったはずなのに、
子どもたちが周りに、わーと集まってきます。
ゴザチャンバラでずーっと
戦いを挑み続ける小学生男子もいました。
3歳の女の子は「わ、王子さま!」
と言っていたことをママがこっそり
教えてくれました。めいいっぱい
子どもたちと遊んだことで、子どもたちの
心をガッチリつかんだようです。
4_20190518181828846.jpg 

それでは、ちゅーしんからのメッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなさん初めまして!
今年度よりサブプレーリーダーになりましたちゅーしんです!
外遊び大好き!子ども大好き!の自分にとってはこのプレーパークに関わらせてもらえたことに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

プレーパークでは子どもたちの普段は見せない素顔や
大人たちには思いつくことが出来ない素敵な遊びに出会えることが出来ます。
子どもたちの成長を見届けながら、
自分もたくさんの事を吸収して子どもたちと共に成長していけたらなと思います!

最後になりますが、プレーリーダーのみたけるさんをはじめとする支えてくださるスタッフの方々、
そしてプレーパークに遊びに来てくれる子どもたちの保護者の方々と
共にみんなの居場所になって誰もが笑顔になれる
そんなプレーパークにしていくよう頑張りたいと思います!
これからよろしくお願いします!
(ちゅーしん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5_20190518181829c36.jpg 
水遊びの気持ちの良い季節がやってきました。
着替えがあると安心です。遊びにきてね。
(かなもん)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-6月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1(土)

♦ちびころ…
13(木)28(金)

♦東越谷プレーパーク…
15(土)
越谷市放課後子ども教室

-7月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5(金)6(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ