NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 その他
FC2ブログ

12/7 子育て応援フェスタに参加

先日行われた子育て応援フェスタに、私たち越谷にプレーパークをつくる会も参加してきました。
プレーパークの醍醐味といえば、外で思いっきり遊べること。
でも今回は屋内の限られたスペースでの遊びです。

いつもプレーパークに来てくれているママたちと一緒に、
どうやったらプレーパークらしさのある楽しい空間を作れるだろうとたくさん意見を出し合いました。

「体を使ってのびのび遊ばせてあげたいね」
「まだ歩けない赤ちゃんたちが遊べるスペースも必要だね」
1_20181218194248db1.jpg 
「この前外で紙ヒコーキを飛ばしたら楽しかったから屋内でもやってみよう!」
「プレーパークがどんなところか知ってもらえるように写真も飾ろう」
2_20181218194249f26.jpg 
そうして出来たのが「なげて とばして あそぼう」をテーマにした空間です。

折り紙や新聞紙を用意して玉や紙ヒコーキを自由に作ってもらって
遊んでもらえたらいいなぁと思いながら準備しました。
3_201812181942507ee.jpg 
しかしそう簡単に思い通りには行かないもの。
玉の取り出し口が絶妙に子どもが入りたくなるサイズだったようで、
入れ替わり立ち代わり子どもたちが入って遊んでいました。

終いにはダンボールの中の少年と
そこに向かって投げる子どもたちとの遊びへと変わっていました!

そんな子どもたちを見て「子どもは遊んだ方が力がつくのよね~」と声をかけて下さった方がいました。
それを聞いたスタッフはなんだか励まされたようで良い言葉を頂いたと言っていました。

プレーパークでは子どもたちが自由に遊べるよう、
なるべく「ダメ」を言わないようにしています。
自由にのびのび遊んでいる子どもたちを見ていると、
何だか見守るパパやママも穏やかな時間を過ごすことができます。

この子育て応援フェスタで初めてプレーパークを知ったという方と
たくさんお話をすることができました。
少しでも興味を持った方は是非一度足を運んでみてくださいね!

(とまと)

スポンサーサイト

10/21 おちかくプレーパークinみどりの森公園

プレーパークは自由な遊び場で、集まる人によっても雰囲気や場の空気が変わり、
ほっとして、とても心地よく、好きな場所です。

今回はいつものプレーパークとは違い、
おちかくプレーパークは出張型なので始まる前少しドキドキしました。
1_20181103194525285.jpg 
いつもの場所じゃないところ、
そして気仙沼から来てくれるプレーワーカーさんもどんな人だろう?
集まる人達はどんな人なのかな?と内心少し戸惑いもありました。
でも当日は、プレーワーカーのカンペーさん、みゆさんが
作り出す雰囲気にとてもほっとしました。
2_20181103194526ad7.jpg 3_20181103194528903.jpg 

プレーカーに詰まったいろいろな遊び道具、工具、材料にはビックリしました。

7_20181103194534978.jpg 
もちろんいつものプレーパークとはできることが少し違いますが
、「これしてもいい?」と大人に許可を取るように聞いていた子ども達が、
「これやろう!」「これしたい!」と自分の気持ちを素直に伝える姿に変わっていくのを見て、
「ああ、ここもプレーパークなんだなぁ」しみじみ安心しました。
4_20181103194529293.jpg 5_20181103194530b70.jpg 6_201811031945317ae.jpg 

もちろんプレーパーク常連組も、いつもと変わらずハッスルしていました(笑)
8_20181103194535d9e.jpg 
後片付けも、参加者みんなで一緒に出来たこともなんだかとても気持ち良かったです!

改めて越谷プレーパークは、この時、この場にいる人達で作ってくこと、
場所は変わっても、その雰囲気や空気は変わらないことを感じました。
いつもの良さ、そして今日この場でしか味わえない良さ、
越谷プレーパークの奥深さを知った1日でした!(カズ)
9_20181103194536efd.jpg 


3/9 ぽっぽひろば「おとであそぶ♪」

3/9(金) ぽっぽひろば「おとであそぶ♪」

白いトレーをペットボトルで叩くと、
ポンっ、ポンっ、とはねるような太鼓の音。
「それ、いい音ですね」
思わず、隣にいた“演奏中”のママに
言いました。空き箱だとちょっと
こもった音になって、トレーだと明るい音。
『うわー、発見!』

***

今日は「おとであそぶ♪」がテーマ。
会場は、越谷駅近くの
越谷市市民活動支援センター。
3月の「ぽっぽひろば」を担当しました。
ぽっぽひろばは、絵本の読み聞かせと
子育て交流サロンの場で、
毎月、支援センター登録団体が
交代で企画しています。

今回、キャンセル待ちが出るほどの
申込みで、たくさんの親子と、
音で遊びました。
1

はじまりは、三冊の絵本から。
わらべうた『あぶくたった』。
あーぶくたったー、と口ずさみ、
子どもを小豆にして「むしゃむしゃむしゃ」。

楽しい、なんとも不思議な音を集めた
『がちゃがちゃどんどん』。

かわいいクマさんたちが演奏を楽しむ
『おんがくたいくまさん』。
最後は絵本に出てきた、
本物の「おたま」が出てきて…、
2

後ろを見てごらん、と言うとイスには、
ボウルにお鍋に泡立て器に…、

子どもたちの目は真剣。
自分の好きなものを選んで、
誰に教わるでもなく、
「がちゃがちゃどんどん」!

そしてこちらは、たくさんの廃材で、
作ってみよう手作り楽器コーナー。
空き箱やトレー、ペットボトル、空き缶、
…どれも身近なものばかり。
子どもたち、素材の研究に熱心です。
5

ママたちはどんな音が出るのか、試し中。
お醤油のペットボトルの段々の凹みを
棒でこすったり。箱に輪ゴムをひっかけて
ギターを作るママも。自分の頭の固さを
痛感しました。
けれど、自分で思いつかなくても、
周りから楽しむヒントはたくさん
あるんだな、と気付かされました。

音を楽しんだ後は、
おもちゃのチャチャチャに合わせて、
気に入った音で、演奏です。

後半はおしゃべりタイム。
普段どんな遊びをしているのか、
そんな話をしながら自己紹介して、
あっという間に終わりました。

***

「おとであそぶ♪」は、仲間の二人が
中心になって企画しました。
二人も3年前は遊びに来ていた親子。
プレーパークが楽しくて、はまった二人です。
「越谷にプレーパークをつくる会」
だからこそできる内容は何か、考えて、
もう一度練り直して、また考えて、
そんな様子を私は見ていました。

(☆手遊び「キャベツの中から」で
 使った手作りあおむし手袋)

その想いが、遊びにきた親子の心に
少しでも届いたら、嬉しいなあ、
と思いました。

プレーパークは、実際に遊びに来て
分かることがたくさんあります。
気になった方は、躊躇しないで(笑)、
ぜひ遊びに来てほしいです。

子育て中にプレーパークに出会えると、
とても幸せだ!と私は思っているからです。

(かなもん)

第2弾 プレーリーダー:ミタケル日記

僕が関わっているプレーパーク第2弾は【北区プレーパーク】
こちらは二ヶ所紹介します
一つは十条徒歩10分 いなプレ(中央公園内旧いなり公園
第3、5日曜日・最終週を除く月曜日やっています)
二つ目は赤羽駅から徒歩20分 桐プレ(桐ヶ丘中央公園第1日曜日にやっています)
いつもいるプレーリーダーはキー(林さん)
詳しくはこちら→ http://www.kita-asobo.com/

ここでのある日の出来事です。

「痛っ~」と思いながら、感じたことです。

幼児の特に男の子たちは、よく木の枝で戦いごっこをすることがある。
僕はその標的になることもある。
FB_IMG_1510688856944.jpg 
枝の先が目に入るかもしれない。
だから大人は「危ないからやめて」ってすぐに言ってしまう。
確かに「危ない」となるのは当たり前だ。
僕は、その「危ない」がどうやったらなくなるか考えるようにしている。

この日も木の枝のかわりにプレーパークによくあるゴザを丸めて戦いごっこをやることにした。
やられる側もやる側も一瞬の痛みがある。
僕もやられたらやり返す。
子どもたちは「痛い」って言うけど、
また叩いてくる。
それが遊びになることもある。
FB_IMG_1509363226029.jpg 
やりたい遊びを受け止めて、無心で遊ぶことにつきあうと、
彼らとの関係も深まるし、プレーパークが彼らにとって居心地のよい場所になる。
だから、チャンバラして「痛い!」って感じるけれど、
なるべく危なくない方法を考えて、彼らの気持ちを受け止めたいと思うのだ。
FB_IMG_1509363215594.jpg 

第1弾 プレーリーダー:ミタケル日記

プレーリーダーのみたけるです。

今年僕が越谷以外の場所で、

プレーリーダーやスタッフとして関わっている遊び場を紹介します。


第1弾は【朝霞の森プレーパーク】です。

ここは朝霞駅から徒歩15分ぐらいです(朝霞税務署前)

毎週金曜日は幼児向け外遊びトカイナカを開催

また毎月一週間プレーパークを開催しています

プレーパークが開催している時にいつもいるプレーワーカーはどっくん(関戸さん)です。

詳しくはこちら →http://app.45web.net/


ここでのある日の出来事です。

received_1478372015609344.jpeg 

昔からある遊びベーゴマ。

これ、回すのが難しい。ベーゴマをやっていると

「やってみたい」と小学生が何人か集まってくる。

やり方を教えたけれど、10分後、「出来ないからやめるー」

となって、また僕一人になる。

一人でベーゴマをやっていたら、

Aくん(小学校低学年の男の子)がやって来た。「みたける、僕やりたい」

Aくんがバックから取り出したのは、今、流行ってるベイブレード。

『ベイブレードとベーゴマ?!へぇ~、おもしろい』と僕は思った。

ベーゴマVS ベイブレードの闘い!

ベーゴマの勢いの方が強くて、ベイブレードが先にとまった。

僕の予想通りベーゴマが勝つ。

Aくんは悔しくて、また闘う。

やっぱりベーゴマが勝つ。それからずっと闘い続けているうちに、とうとうベーゴマが負けた。

Aくんは大喜び。

その瞬間、 現代の遊びと昔の遊びはそんなに変わらないのだと気づいた。

FB_IMG_1509378329506.jpg 


そして、自ら新しい遊びが生みだせる、そんな良さのある環境をこれから作っていきたいと思った。

FB_IMG_1509378357692.jpg 

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


-1月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5日(土)

♦ちびころ…
25日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ