NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 ちびころ
FC2ブログ

9/15 ちびころ

爽やかな秋晴れ、外遊び日和の1日でした。
私はちびころへの参加は三年ぶりでしたが、
変わらないあたたかい雰囲気にうきうきわくわく。

息子ははじめてのちびころでした。
思いっきり自然と触れ合えて一緒に遊ぶ友達もいる、
そんな場所はとてもありがたいです。
ベビーカーで眠くなりながらも到着すると、
シャボン玉や水遊びをしているお友達に気づき、
息子の目がキラキラ輝き始めました。
眠気はどこへいったのか、裸足で土を踏みしめ、遊ぶモード!

子どもたちはみんなそれぞれ興味がある方へ。
楽しそうなことをしているのを発見すると、
お友達のところへ行って一緒に遊んだり、
また違う遊びを始めたり。
自由だけど仲間もいて、楽しさも倍になります。
4_202009221159538c9.jpg 3_2020092211595231c.jpg 2_2020092211595074d.jpg 

後半は大きな布絵本の登場!
青空の下での読み聞かせはほのぼのします。
5_20200922115955ac5.jpg 
コロナ渦で、なかなか子どもの遊び場がない中で、
親も煮詰まることが多いのでは、と思います。
私も煮詰まってしまっていましたが、
ちびころに参加して気持ちもスッキリしました。
子どもたちがのびのび遊んでいることだけでも嬉しいですが、
大人も楽しめてゆったりお話もできてリラックスできました。
外遊び、いいですね!

ほーりー
スポンサーサイト



9/10 第1回大袋地区センター事業(オンライン)

今日は大袋公民館主催の、楽しい外遊び講座1回目でした。

全4回のうち、
初回の今日はオンライン講座「親子でのびのびあそぶコツ」と交流会です。
講師は、戸田の遊び場・遊ぼう会スタッフ、プレイワーカーである、
越田多佳子さん。愛称はこっしーです。

前半の講座では、プレイワーカーであり、子育てをする母でもあるこっしーから、
育児は母親だけで頑張らなくていいよ、頑張ることを手放してみようというメッセージを受け取り、
何か自分を縛っていたものがフッと取れ気持ちが軽くなりました。
オンラインで離れていても、こんなにも感情が伝わってくるなんて!
こっしーの心からの言葉に感極まりました。

のびのびと外遊びをするコツは、
①子どもの気持ちを想像して見守ってみよう
②自分自身も一緒に面白がってみよう
③自分の子ども以外の子と遊んでみよう
と教わりました。
online_kaigi_woman.png
後半は参加者同士でオンライン交流会。
生まれて1ヶ月の赤ちゃんがいるママや
画面に興味津々の子と一緒に交流をしたママ、
気兼ねなくおやつを食べたり飲み物を飲んだり、
ぬいぐるみを画面越しに見せ合いっこしながら、
オンラインだからこそ繋がれたママ同士、育児の悩みを共有しました。

次は9月24日、大袋原っぱ公園にて。
こっしーから教わったコツを心がけながら、
オンラインで交流したママたち子どもたちと外遊びするのが楽しみです。

やまちゃん

乳幼児親子対象 外遊び講座

大袋の原っぱ公園の近くにある大袋地区センター
毎年、ここの乳幼児の親子を対象とした事業を担当させてもらっています。

今年もやります!
しかもオンライン講座に挑戦します!
4回連続講座のうち、1回目と4回目がオンラインです。
teamsを使って自宅から参加できます。
なので、子どもを抱っこしながら、遊ばせながら参加できますよ。
お申込みもオンライン。(または大袋地区センターに直接行ってください。)
↓ ORコードからアクセスできます。
QR.jpg


もちろんリアルな遊びも2回目と3回目でやります。
今の時期、外のほうが安心だけど、
どうやって子どもと一緒に遊んだらいいかわからないという
ママやパパにぴったりの内容です。

2_20200815164030796.jpg

オンラインなんて難しそうで・・・という方は
下記をみて挑戦してみませんか?
慣れるとはきっとはまりますよ。

3_20200815164031cce.jpg

7/21 ちびころ再開

7/21 ちびころ

今日は久々のちびころ開催でした!
久しぶりの再会で、
「〇〇ちゃん、〇〇くん、大きくなったねー!」
そんな声が、あちらこちらから聞かれました。

ちびころ初参加で受付を頼まれた私。
右も左も分からない、ど初心者でしたが、
みなさんに優しく教えて頂きながら
ゆっくりスタート!
3_20200723151915fe3.jpg 

「1番小さくて何歳ぐらいの子がいますかー?」
と質問した私に、
「あーあの子は生後2か月の時から参加してるわよ」

目の前を颯爽とバランスバイクで走る男の子。
まるでプレーパークの一部かのように、
公園の一部であるかのように、
その場に溶け込んでいました。

「なるほど、大先輩はこうなるのか」
と初心者の私は実感したのでした。

ちびころのモットーは
自分の責任で自由に遊ぶ
あれやっちゃダメよ、これは使っちゃダメ、
ダメダメダメダメダメ。
なんでもダメ。

『ダメ』って言葉、
かける方も嫌だし、(主に親)

かけられる方(主に子ども)は、もっと嫌です。
やりたいのにできない。
自主性は失われてしまいます。

2_20200723151913088.jpg 
プレーパークちびころでは、
それぞれが、どろんこで遊んだり、
水遊びしたり、お花を摘んだり、
虫を捕まえたり、シャボン玉遊びしたり、
自分のやりたいことを、好奇心のままに、
自由に遊べます。

このような場所の存在を、
多くの方に知って欲しいし、
大人も一緒に楽しんでもらえたらなぁと思います。

次回のちびころ開催は9月15日(火)です!
大人も子どもも、大袋原っぱ公園集合して、
「自分の責任で自由に」遊びましょう♪♪

ゆいぴー

2/13 ぽっぽひろば

越谷市市民活動支援センターで
乳幼児親子向けに毎月開かれている「ぽっぽひろば」に、
2月の担当として参加しました。
直前に小雨が降りましたがすぐ晴れて、
電車がいっぱい観れて広い会場に、
準備の段階からスタッフの子どもたちは大はしゃぎ。

いざぽっぽひろばが始まると、
0歳1歳の小さな子どもたちが絵本に釘付けになり、
IMG_0582.jpg 
絵本の力って凄いなぁと感じながら、
今回のテーマ「とんとんとんこんにちは」にちなんだ音遊び開始。
普段なかなか自由にできないであろう調理器具や日用品で、
たくさん音を出して目を輝かせていました。
IMG_0592.jpg 
最初はあまり動かなかった子も、時間が経つにつれ
だんだんと会場内を動き回ってくれて、楽しそうにしていました。
1_202002161225325ff.jpg 
交流会は時間が足りない感もありましたが、
「パパママが子どもの頃にした遊び」のテーマから、
最近の遊び場事情で盛り上がりました。

最近の公園はなんでもダメダメなところが多い
(砂場はさらさら砂なのに水入れちゃダメとか)ので、
その点プレーパークは自由を大事にして昔のように遊べる所なので、
貴重な場だなと改めて感じつつ…。

これから暖かくなり外遊びデビューという方もいるので、
まだルールが遵守出来ない小さい子と親達が窮屈な思いをせず
気兼ねなく遊べる場が、もっと拡がれば良いなと思います。
最後は皆さん笑顔で帰って頂けて良かったです。ありがとうございました。

私はぽっぽひろば初参加で開催者側も初めての経験でしたが、
前で話し出すと息子が反応して突撃してきたり
マイクを奪おうとしたりで、てんやわんやでしたが、
皆さんが暖かい目で見守ってくださったのでありがたかったです。
ゆるい雰囲気で、プレーパークらしさが伝わる会になっていたら嬉しいです。
IMG_0588.jpg 
(ゆ〜かり)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-8月の開催日-

♦大袋プレーパーク…
※8月の開催中止

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
※8月の開催中止
越谷市放課後子ども教室


-9月の開催日-

♦大袋プレーパーク…
4(金)5(土)6(日)13時~16時

♦ちびころ…
15(火)10時~12時

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19(土)13時~16時
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ