NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 ふくろうひろば(大袋)
FC2ブログ

8/2~5 大袋プレーパーク

8月2日~5日 

 暑い暑い暑い・・・何回いっても暑さがおさまらない。
 今年の暑さはちょっと異常なほど。
 その中での外遊び。

 外での活動はやめて、涼しい場所で過ごすようにテレビでは盛んにいっている。
 熱中症のリスクも高い・・・

 そんな中でプレーパークを開催しても誰も遊びにこないかもしれないなー
 心配ばかりが思い浮かんでしまいます。
 
 でも・・・私たちはいつも「自分の責任で自由にあそぶ」をモットーにしていたことを思いだしました。
 公園の管理者にだけに責任を負わせると、禁止事項ばかりが増えることになり、
 子どもの自由な遊びを担保することはできません。
 プレーパークを運営する私たち市民自身、そして遊んでいる子ども自身、
 そして保護者が少しずつ責任をわけあうことのできる遊び場をつくりたいと活動しているはず。

 こういう時こそ、そのことを伝えるチャンスかもしれない!
 そんな思いで開催してみることにしました。

 初日に大袋原っぱ公園にいってみると・・・
 あれ? 思ったほど暑くない。
 公園ができた当初は貧弱だった樹木もだいぶ立派になって、木陰をつくってくれています。
 アスファルトとは違って土が気温上昇を抑えているようです。
 雑草も適度にあるので、地面の乾燥もおさえます。

 自然の力ってすごい!!

 子ども達も濡れた木陰の地面が涼しいと、だれも教えなくたって肌で感じてすわります。

 1_20180814100855593.jpg  
 
 ウシガエルの大きな泣き声が聞こえれば、近くの用水路に生き物探しにでかけます。

 2_20180814100857077.jpg 
 
 滑り台は、水を流せば小さなウォータースライダーです。

 3_20180814100858578.jpg 
 
 一輪車だっって、自分だけのプールに変身。

 4_2018081410090261f.jpg 
 

 暑くてもいつもどおり、子ども達の遊びは広がりました。

 それでも熱中症対策のため、遊ぶ場所に木陰をつくったり、
 水分補給を定期的に声掛けしたり
 5-1.jpg 

 5-2.jpg 
 
 プレーリーダーは水を掛け合い、体温の上昇を抑えました。

 6_20180814100906c3a.jpg 
 

 誰も熱中症になることなく、4日間を終えることができました。

 次回は9月1日。
 まだまだ暑そうです。
 熱中症にお互いに気を付けて、自然の力を感じながら遊びに夢中になる姿がまた見られるはず。
 
(あや姐)

 
スポンサーサイト

7/7 大袋プレーパーク

こんにちは!

5月から大袋のプレーパークでお世話になっている たかやん と申します。

この場をお借りしてちょっとだけ自己紹介を…

現在大学4年生でして、小学校教員を志望しています。
大学のゼミの先生を通じプレーパークを紹介していただきました。
子供の遊ぶ時間、空間、仲間(いわゆる三間)がないと言われるこのご時世、
こんな素晴らしい場所があるなんて!と思い参加させていただいてます!
時には子供以上にはしゃいでいます。笑

7月7日(土)は七夕ですね!

ささの葉さ~らさら~のきばにゆ~れる~

ここプレーパークも七夕の雰囲気をということで笹の葉や竹を用意してもらいました。
流しそうめんもできるし竹を割ってみよう!
0129879ab42412db33de6b6beb56459d7409c2e7a8_20180723225018a5d.jpg
そう言われて、なたやとんかちで割ってみました。もちろん初めての体験。どのタイミングで割れるかなんて予想もつきません。
恐る恐る進めていくと、パカーーン!綺麗に半分。まっぷたつ。
01f789dc68ed2b25db4c1bd7d92c43e5d94ec73c20.jpg  
割れた時は私も周りも「おーーー」って。
うまく言葉では表せない感動と快感でした。
竹の内側の繊維?の繊細さといったら…!
自然の偉大さを改めて感じました。

その後も元気、想像いっぱいに遊びました。
01774a236430ee694e78c0ac7f3e5610fb0780798a.jpg 
学校現場ではルールが多くどうしても縛られた中でしか遊べないように思います。
それこそ時間的、空間的、クラスの仲間など。
そんな彼らが思いっきり遊べる場所、自由に過ごせる場所があるっていうのは素敵なことです。
011ebbc6051ab2d3b6483ea28efe6fa536631e42ce.jpg
子供だけでなく、時には大人までが我を忘れ新たな気づきを得られるところ。それがプレーパークだと思っています!

(たかやん)

6/2(土)

6月2日(土)

どうもこんにちは、4月から大袋プレーパークにお世話になってます。
やのちんといいます。
「ねえねえ、ブログ書かない?」とお誘いがあったので、
「そりゃあもう」と鼻息荒く、書いちゃってます。

さて、プレーパークに来ると肩の力が抜けます〜、と言う人たくさんいます。
なぜだろう。マッサージ屋さんがいるのかもしれない。違うか。

「ねえねえ、あのね〜」とニコニコしながら。
すごい剣幕で、「あの子がいきなりさあ〜」と怒りながら。
子どもは、あふれる気持ちを、安心できる人に、全力でぶつけます。
「ちょっと僕(私)の気持ち聞いてほしい!」と。
★赤ちゃん

私の都合なぞお構いなしに全力で、
自分一人で受け止めなきゃ、と思うには大きすぎる、その気持ち。
プレーパークでは、「一人で」受け止めなくてもよくなるのかもしれない。
★親子ではないその2

知らない人に声かけちゃいけないよ、なんて真顔で言われるこのご時世。
ちょっと肩に力が入っちゃう、子育てするには世知辛い世の中。
★親子ではないその1

ここでは、いろんな人に「ねえねえ」と声をかけてる子ども達(大人達も?)がいます。
いろんな人と気持ちを分かちあっているみたいです。

一緒に泥んこになった、あの子。
マシュマロの焼き方を教えてくれたおばちゃん。
鬼ごっこでちょっと手加減してくれたお姉ちゃん。

一緒に遊んだ経験が、「知らない人」を、知っている人を飛び越えた、「安心できる人」に、変えていくよう。
☆安心できる人

安心できる人に囲まれた子どもを見ると、こっちも安心しちゃう。
だから、肩の力が抜けるのかもしれませんね。
やっぱり、マッサージ屋さんじゃなかったですね。
★安心感

一緒に遊んで、みんなが知り合っちゃったら、
世知辛い世の中も変わるかも?!なんて真面目に思っちゃう。
ねえねえ、だからみんな一緒に遊ぼうよ〜。
プレーパークで待ってるよ〜。

(やのちん)

5/5 大袋プレーパーク

5月5日(土)大袋プレーパーク

プレーパークは大人も楽しい場所です。

あなたは、花の冠作ったことありますか?
原っぱ公園には、シロツメクサとアカツメクサがこれでもか!というほど、咲き誇ります。
この季節は、花の冠作りたい放題。
①

得意なママはささっと作って、子どもの頭に乗せていきます。
自分の子どもだけでなく、側にいた子どもにも。
それを見た、作ったことないママたち、
「えー、すごい。いいなぁ!」と言って、教えてもらっていました。
見事に素敵な花の冠が次々と。
満足気なママの顔も次々と。

「ハンモック、
 大人が座ってもいいんですか?」
と聞いてきたママがいました。
おそるおそる座る姿。
少し揺らして『お、座れるんだ!』と分かり嬉しそうな楽しそうな顔。

目を輝かせているおばあちゃんもいました。
おばあちゃんなんて言うのも失礼なほど、目がキラキラ。
「子どもたちのビックリする顔が見たいんです」と言って、今月もお手製ジャンボしゃぼん玉セットを持参。
日々、何かおもしろいことはないか、ここでできることはないか、
考えているのだそうです。

そして、秘密基地作りをそばで見守るパパたちの何ともにこやかな表情も見られました。

「外遊びは子どもにとても良いと聞いて来ました。」
という方もいらっしゃいます。
私はデータ上のことをよく分かっていないのですが、プレーパークで過ごすと、
大人にも良い、ということだけは実感しています。
大人が楽しいと、いつの間にか子どもに優しくなっている自分に気が付きます。
そんな自分に嬉しくなります。
そして、こうゆうことがあなたはやりたいのね、
と見守る気持ちが生まれてきます。
時に、ハラハラすることもありますが。

楽しんでいる大人たちがたくさんいる場所は、居心地がとてもいいのです。
きっと子どもたちもそう感じて、過ごしているのではないかと思います。

私の子どもは「プレーパークに行くよ」というと、やることが早い早い。
子どもに
「ほら、行くよー」と言われてしまい、
「ちょっと待ってー」と私が言っています。

プレーパークは子どもだけでなく、大人も楽しいです。そんなことを改めて感じた5月のプレーパークでした。
③

(かなもん)

4/7 大袋プレーパーク

4月7日(土)

今年度初の開催日は微妙な曇り空•••
でしたが、「しゃぼん玉やってもいいんですか?」とお孫さんを連れて一番乗りのおばあちゃん。
DSC_0107.jpg

道具持参で見せてくれたのはおおーーきなしゃぼん玉!
子どもたちはもちろん、大人も「すごーい!楽しーい!」とたくさんやらせてもらいました。

そして気温が上がらない中でも青い唇でどろどろになって水に泥に穴掘り川づくり。
〆めのドラム缶風呂が好評でした♪
IMG_4717.jpeg

ドラム缶風呂なんか見るのも初めてで「なんか怖そう」(泥水で底が見えないからかな)「熱そう」と恐る恐る手を入れてみる子も、入ってみれば「スーパー銭湯より気持ちいい~♡」と恍惚の表情(笑)

お母さんと「そろそろ出て着替えようよ」「まだ出ない!」「もう十分あったまったでしょ~」「ずっと入ってるの!」と攻防戦を繰り広げていました。

さて、今日からわたくしゆりねぇがまた元気100%で復活いたしました(๑˃̵ᴗ˂̵)
そして遥々練馬から、新プレーリーダー やのちん もやってきました。

今年度のふくろうひろばは みたける・やのちん・ゆりねぇの3人組でお送りします!
DSC_0114.jpg

今年も元気にたくさん遊びましょう♡

(ゆりねぇ)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-8月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
2日(木)~5日(日)

♦ちびころ…
24日(金)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
18日(土)
越谷市放課後子ども教室


-9月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)

♦大袋地区センター乳幼児講座…
13日(木)・28日(金)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ