NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 ふくろうひろば(大袋)
FC2ブログ

2/2 大袋プレーパーク

2月2日 大袋プレーパーク

大袋プレーパークの霜柱はグオーッという感じで伸びます。
踏み潰すとザクッザクッと音がして、私は好きです。

今日は見られるぞ、と思ったのに到着した時にはもう溶けていました。
ザンネン!でも、そのくらい「あれ?あったかいですね」という日でした。
大袋プレーパークって、不思議と過ごしやすい天気の日が多い気がしています。

青空に気持ちよく凧があがります。
1_2019020510464629b.jpg 
「凧揚げ、楽しー」
「なんか楽しいんだよね、なんだろうね。
 うまく言葉にできないけれど、
 この感じが、遊びなんだよね」
2_201902051046489b2.jpg 
サブプレーリーダー大学生二人の言葉です。
二人が見せるただ楽しんでいる姿。
それが、みんなにワクワクを届けていたように感じました。
自分のやりたいこと以外は目に入らないように見える小1息子も、
今日一番楽しかったのは「凧揚げ」だったそうです。

節分前日ということもあり、赤鬼と青鬼もやってきました。
5_2019020510465364e.jpg 
小さな子どもたちは怖くて怖くて仕方なくて、
3_2019020510465054a.jpg 
小学生は真剣に豆を投げつけていました。
4_20190205104651c1a.jpg 

遊ぶ姿を見ながら私は何をしようか、そう思う時があります。
そうゆう時、私は火に当たります。
そうすると、たいてい隣に誰かが座ります。
そして「あのさ」と教えてくれたりします。
火をみつめながら、話をするととても気持ちが落ち着きます。
背中にはあたたかな日差しをたっぷり浴びて、本当に気持ちの良い時間です。
こうゆう時間は、日常ではなかなか味わえません。
ありがたいなあと思います。

プレーパークに子どもたちと遊びに来るようになって約5年。
これからもこの場を大事にしていきたいな、
そんなことを仲間とゆっくり話しながら思いました。
6_20190205104654e56.jpg 
(かなもん)
スポンサーサイト

1/5 大袋プレーパーク

1月5日(土) 
 みなさん、新年あけましておめでとうございます。
 2019年初めての大袋でのプレーパークです。
1_20190112123557de4.jpg 
 新春をお祝いするような、気持ちの良い青空です。
 お昼ごろになると少し風もでてきて、絶好の凧揚げ日和です。

 私の子どもの頃は、凧揚げして電線に引っかかるなんていうアクシデントも見かけましたが、
 今ではすっかり見かけなくなりました。
 この公園は遮るものがなにもなく、凧揚げに最適なのだと改めて発見しました。

 凧揚げは、簡単そうで難しい遊びです。
 風の吹いている向きと強さを感じ、凧を風に乗せなければなりません。
 しかもタコ糸一本で、風を操らなければなりません。
 「風と遊ぶ」遊びなのです。
 
 いつも思うのですが、子ども達が夢中になる遊びは、ちょっとだけ工夫が必要な遊びです。
 さらに次のステップがある遊びは、子どものチャレンジ精神をくすぐり、夢中にさせていきます。

 「頭を使って!」なんて大人が叫ばなくたって、遊びを通して十分知恵が育まれていると
彼らの夢中になる姿でわかります。
2_20190112123558348.jpg 3_201901121236004bc.jpg 4_2019011212360116a.jpg 
 さあ!
 今年も大人が「えっ?」と驚く遊びや、感動する言葉が
 プレーパークからどれぐらい生まれてくるでしょうか。
 楽しみです。

 今年もどうぞプレーパークに遊びにきてください。
5_201901121236040ec.jpg 
<あや姐>

 

11/29~12/2 大袋プレーパーク連続開催

11/29~12/2 大袋プレーパークは4日間の連続開催だった。
秋から冬に向かうこの時期。いつもなら少し寒さが身に染みてくる季節だが
今年は暖かい。穏やかな外遊び日和の4日間だった。

今回の開催で盛り上がっていたのがゴザを使ったチャンバラごっこだ。
男子たちが時間を忘れて夢中になっていた。
その日ごとにメンバーが変わるのに、同じ遊びが始まるから不思議だ。

畳屋さんからいただいた古くなったゴザをくるくると丸めてガムテープで留めて
剣にみたてて相手をたたく。・・・それの繰り返しの遊び。
1_20181205001003663.jpg 
棒のようなもので戦いごっこが始まることがあるので、
危なくなく本気で戦うことのできるアイテムとして
ゴザは常に用意してある。
それでも叩かれたら痛いし、泣きながら本気になってたたき出す子もいる。
大人からしたら間違いなく「危ないからやめて!」という遊びである。
彼らが夢中になる理由は、プレーリーダーたちが本気で戦いに挑んでくるからだ。
簡単には勝てない相手。
「勝ちたい」という気持ちが彼らの知恵を生む。
みんなで戦い方を相談したり
役割分担を決めたり・・・
泥爆弾を製造する役割の子たちも現れていた。
2_2018120500100582e.jpg 
頭を使うだけでなく、
相手を叩いた時の感触や叩かれた時に痛みを感じる戦いごっこは
ゲームの中の戦いより数段面白いと感じるはず。
それと同時にお互いが面白いと感じる加減も学ぶのである。
自分よりも弱い相手には「手加減」ができるようになる。
5_2018120500100936f.jpg 

彼らの遊びっぷりにさすがのプレーリーダーたちもへとへとになるようだ。

一方で別のプレーリーダーと築山のてっぺんに足湯をつくった子ども達もいた。
3_20181205001007347.jpg 

それから指編を教えてもらい、夢中になった子ども達もいた。
4_201812050010083bd.jpg 
様々なスキルをもったプレーリーダーがこの場にいることで
様々な遊びが生まれてくる。
彼らが子どもの気持ちに寄り添うことを何よりも大切にしているからだ。

<あや姐>

11/3 大袋プレーパーク

 今日、午前中越谷市市政60周年の式典があり、
越谷市のプレーパークを運営するNPO法人の代表をつとめる私は感謝状をいただいた。

越谷市に常設のプレーパークをつくりたいと
仲間とともに活動をはじめて15年が経つだろうか。
一緒にプレーパークで過ごした息子達は成人し社会人となっている。

子どものやりたいことが自由にできる場所。
ありそうでなくなってきているその場所を越谷市にもつくりたい。
そんな思いと同時に
私のような普通のお母さんが「ほしいなら自分たちでつくればいい」と気づき
少しずつ実現していけることに面白さを感じた15年だった。

家庭のことや仕事のことと、時間をやりくりしながら行うこの活動は
大変なこともたくさんあったが
それを「楽しいこと」に変えてくれたのは
愉快で心豊かな仲間たちと
夢中で遊ぶ子ども達の「あーたのしかった!」の一言だ。
1_20181117224352b6d.jpg 2_20181117224355a96.jpg  
子どもが元気に遊ぶまちはいいまち。
私が信じていることだ。

越谷市が遊ぶあふれるまちでありますように。

(あや姐)




10/4~7 大袋プレーパーク連続開催

10月4日~7日まで秋の連続開催。

外遊びには気持ちのいい季節と予想して、連続開催を計画したけれど・・
どこかに出かけるのも気持ちがいい季節なのかもしれない。
みんなお出かけ? 思ったほど参加者が多くなかった。

そういう時は、よーし、私のやりたいことをやっちゃおうと思ってしまう。

ひとつめ

先日遊びに行った熊谷のマルシェでみつけたポップコーンのとうもろこし。
とうもろこしの形がそのままになっている。
1_20181016133140921.jpg 
コーンをとるところからできて面白そう。そう思って買ってきた。
1つしかないので、人数が多いと出しにくい。こういう日にぴったりだ。
コーンを見せるとプレーリーダーたちが「やりたい!」と言い出し、
二人の男子が楽しそうにコーンをとっていた。
2_20181016133142127.jpg 
私の「やりたい」が彼らの「やりたい」に。
それなら私はたき火で楽しもうと、フライパンをもってきてポップコーンをつくった。
たき火での火加減が難しいなあといつも思っていたので、今日はじっくり取り組んでみた。
上手にできてよかった~!
3_201810161331432d1.jpg 


ふたつめ

先日、こども食堂をやっているところに、プレーパークのチラシをもっていくと、
災害用のアルファ化米が入口に山のように積まれていた。
消費期限間際のものがここにまわってきたらしい。
「いただくのはとてもありがたいのだけれど、さすがに食べきれなくて。」と代表の方が話した。
それなら、プレーパークでみんなで食べてみようと思い、1ついただいてきた。

以前に食べたことがあるので、どういうものかはわかっていたが、
わかめご飯は初めてなので食べて見たいと思った。
4_20181016133145407.jpg 
そう思ったのは私だが・・・
結局私は何もせずに、できあがったわかめご飯をおいしくいただいただけ。
5_2018101613314616e.jpg 
ここでも私の「やりたい」がうつってしまった人たちがいて、
楽しそうにご飯をつくっていた。
6_20181016133148a9d.jpg 

プレーパークは思いがうつる場所。
面白いが広がる場所。

けんかしてたって、他の人が面白いことをはじめると
いつもまにか「面白い」がうつって笑顔がかえってくる。
7_20181016133148957.jpg 

あれ?この風景みている私もいつのまにか笑ってた。

(あや姐)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-2月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
2(土)

♦ちびころ…
出張ちびころ@西大袋第9公園
22(金)

♦ぽっぽひろば…
14(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
16(土)
越谷市放課後子ども教室


-3月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
2(土)29(金)30(土)31(日)

♦ちびころ…
14(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
16(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ