NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 ふくろうひろば(大袋)
FC2ブログ

7/5,6 大袋プレーパーク

最初に遊びにきていたのはカメさん。
これにはビックリ。
o1.jpg 

7月の大袋プレーパーク。
私の心に強く残った光景があります。
ほんの一部でしかないのですが、
3つ紹介します。

①ドラムを叩く少年
自分の演奏が終わるまでの数十秒間に
見せた小学生の真剣になっていく表情。
自分の奏でる音に酔いしれたような、
そんな瞬間がありました。
それをそばで見ていた子どもたち、
思い思いにガシャンガシャン叩いていきます。
時には大人も。最後に登場したのが、
この男の子。やってみたかったよね。
o2.jpg 
自分が叩いてもいい時が来るまで、
じっと待っていたのでしょう。

バケツの底を竹のスティックで叩くと
とってもいい音です。あ、ドラムとは
このことです。

②スポーツドリンク屋さん誕生
熱中症対策に、スポーツドリンクのジャグを
用意しています。空っぽになったので追加
して作ろうとしていると。
女の子が二人よってきました。
「あ、わたし、やるやる!」
「あ、スポーツドリンク屋さんやろう!」
「いいねぇ!」
目を輝かせる二人。
o4.jpg 
看板が作られ、サービス券が作られ、
プレーパーク中に配られました。
すてきなスポーツドリンク屋さんです。
…こんな熱中症対策、すごい!
とスタッフ目線で思いました。

③ずっと、追いかけっこ
ずーっと追いかけっこしている男の子たち。
年齢も様々な5,6人のグループ。小さな
子どもも時々加わり、一緒に走りながら。
鬼ごっこなのか、時々からかい合っている
のか、傍目からはよく分かりません。

一番年上の小4の男の子が、
小2の男の子に「リーダー!」と言っている
のが聞こえました。小2の男の子が年長の
男の子に「親方!」と言っている声が聞こえ
ました。このグループ間での呼び方は
さっぱり分かりませんが、ずーっとずーっと
走り回っていました。怒ったり、笑ったり、
泣いたり、そしてまた笑い合って。

息子は同級生と鬼ごっこをしません。
そんな姿が気になっていました。
「足が遅いから」と言って最初からやらない
のです。だから、プレーパークでずっと走り
回って追いかけ、追いかけられの姿に、
親の目からすると、ほっとしたような、
じーんとした気持ちになりました。

***
o3.jpg 
子どもがやりたいことを、やれる場所。
紹介しきれない、たくさんの遊びが繰り広げ
られています。遊びが豊かです。
自由に遊ぶ姿は、大人も心が潤うと私は
感じます。異年齢の良さも、ありますよ。
初参加の方も多かった7月。

次回は、8月3日土曜日です。遊ぼう!
(かなもん)
スポンサーサイト

6/1 大袋プレーパーク

6月1日(土)

今日のプレーパークには、越谷市内にある文教大学の学生ボランティアが13名もやってきた。
大学1年と2年で、教職や子どもとかかわる仕事を目指している学生たちだ。

さらに、今日のサブプレーリーダーも文教大生2名なので、
大学生の遊び場?と思うほどの人数の多さだった。

私にとってはまだまだ子どもと思うところもたくさんある彼らだが、
子どもたちにとっては立派な大人である。
大人が多い遊び場は、目が行き届いて危険が少なくなるともいえるが
子ども自身が考えて工夫したり創造力を発揮できる時間が少なくなるのではないかとちょっと心配になった。

なので、朝の打ち合わせで彼らにお願いしたのは
今日は「あなたたちが小学校一年生になって遊んでください。」ということ。
1_20190608221531253.jpg

さすがに今までにも子どもとかかわるボランティアを経験していた彼らなので
それぞれが遊び相手を探して一緒に遊んでいた。
学生だけが集まって話をしたり、何をしていいかわからない様子で固まっていることは少なかった。
彼らなりに工夫してくれたようだ。
2_20190608221533426.jpg

お母さんたちからも大学生がいるおかげで、子どもから目を離すことができのんびりできたとの感想もあった。
子どもを連れてきた親たちにはとても好評の遊び場になった。

だけど・・・
片づけが終わって大人たちが今日の振り返りをしている間に遊んでいた男の子二人の遊び。
彼らは築山の下の土管の内側の壁や天井に泥をぺたぺたとくっつけて遊んでいたのだ。
「工事ー!」なのだそう。
3_20190608221534bf0.jpg

こんな遊びは大人がみていないところで、彼ら二人きりだからできた遊びなのではないのだろうか。
なぜか私はこっちの遊びのほうが豊かだと感じてしまう。

私自身も子どもころ楽しかった遊びの思い出に大人は一人も登場しない。
やっぱり大学生の数を少し制限しようと、心に決めた瞬間だった。

<あや姐>

»続きを読む

5/3~5 大袋プレーパーク

5/3~5 大袋プレーパーク3日間連続開催

アカツメクサとシロツメクサの冠
作りたい放題の5月。お孫さんと来た
おばあちゃん、あっという間に完成です。
1_20190518181823478.jpg 

初めての方、久しぶりの方、
たくさんの方が遊びに来ました。
ゴールデンウィーク…長過ぎると言って。
子どもが遊びに夢中になっている間に、
パパやママ、おばあちゃんも遊んでいる姿。
これぞプレーパークならではの光景です。
2_20190518181825672.jpg 

さて、連続開催2日目の朝、
「昨日、友だちができたんだ」とつぶやく
7歳の息子。誰?と聞いたらそれは
プレーパークで一緒に遊んだ大学生
のことでした。「友だち」なんですね。
3_20190518181826101.jpg 
3日間、プレーリーダーみたけると共に、
サブプレーリーダーとして活躍した大学生の
ちゅーしん。初めて会ったはずなのに、
子どもたちが周りに、わーと集まってきます。
ゴザチャンバラでずーっと
戦いを挑み続ける小学生男子もいました。
3歳の女の子は「わ、王子さま!」
と言っていたことをママがこっそり
教えてくれました。めいいっぱい
子どもたちと遊んだことで、子どもたちの
心をガッチリつかんだようです。
4_20190518181828846.jpg 

それでは、ちゅーしんからのメッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みんなさん初めまして!
今年度よりサブプレーリーダーになりましたちゅーしんです!
外遊び大好き!子ども大好き!の自分にとってはこのプレーパークに関わらせてもらえたことに
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

プレーパークでは子どもたちの普段は見せない素顔や
大人たちには思いつくことが出来ない素敵な遊びに出会えることが出来ます。
子どもたちの成長を見届けながら、
自分もたくさんの事を吸収して子どもたちと共に成長していけたらなと思います!

最後になりますが、プレーリーダーのみたけるさんをはじめとする支えてくださるスタッフの方々、
そしてプレーパークに遊びに来てくれる子どもたちの保護者の方々と
共にみんなの居場所になって誰もが笑顔になれる
そんなプレーパークにしていくよう頑張りたいと思います!
これからよろしくお願いします!
(ちゅーしん)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5_20190518181829c36.jpg 
水遊びの気持ちの良い季節がやってきました。
着替えがあると安心です。遊びにきてね。
(かなもん)

4/6 大袋プレーパーク

4/6 大袋プレーパーク

新年度の大袋プレーパークです。
越谷のプレーリーダーみたけると共に、
新しいプレーリーダーも加わりましたよ。
1_20190509105721302.jpg 

なんと化石の発掘作業も行われました。
「これは、アンモナイトだ」「おお!」
※前回の連続開催で作られた池が
こんな泥の固まりに変わりました。
2_201905091057220d5.jpg 
さて、新プレーリーダー トッキーとの
エピソードを紹介します。
こんなことがありました。

今日のプレーパークが終わり、
片付けを済ませた後のことです。
小2の息子が自転車に乗っていました。
山から自転車で降りるのを楽しんでいます。
二人乗りをしたい4歳の男の子が
追いかけていました。少し目を離したその時、
荷台をつかんだ男の子が勢いよく転びました
(幸い男の子にケガはありませんでした)。
息子の自転車のスピードが早かったのです。
慌ててかけより、息子を叱りつけた私。
泣きじゃくる息子。その時、トッキーが
さっと駆け寄ってきました。

「話を聞くよ。あっちに行こう」

そう言って原っぱ公園にある山の上で、
息子としばらく話をしていました。
近くで見ていた他の子のママも一緒になって、
息子の話を聞いている姿が見えました。

「危ないから(後ろに乗るのは)やめろ、
 って何度も言ったんだ」
息子はトッキーにそう話したのだそうです。
きっと私にもその一言だけでも
聞いて欲しかったのでしょう。

子どもの気持ちに寄り添いたい、
親ならきっと誰もが思うことだと思います。
けれど、親と子の関係だと難しい場面が
あります。そんな時に、プレーリーダーや
親ではない大人、つまり「斜めの関係」
の人がいると、とても助けられるな、
と感じています。

トッキーはお母さんでもあります。
「その気持ち分かるよ」と言いながら
落ち込む私の背中をさすってくれました。
私のきゅっとなっていた心も
ほどけていくかのようでした。

トッキーは第一土曜日に開催している
大袋プレーパークにやって来ます。
他にも、新しい爽やかな風のような
文教大学の学生さんも来ています。
みたけるも変わらずいますよ。

ぜひ、プレーパークで「斜めの関係」を
味わってみませんか。
肩の力が程よく抜けますよ。
3_20190509105723e39.jpg 

(かなもん)

3/29~31 大袋プレーパーク連続開催

「うぇーん」涙の別れです。
(おねえちゃん、かえっちゃう)
女の子が、さみしくてさみしくて、
公園中にひびき渡る声で泣いています。

「明日も来るから大丈夫だよー」
と小学生のおねえちゃんたち。
一緒に遊んだ子どもたちも
ずっと手をふりました。
よっぽど楽しかったのでしょう。
プーさん号と名付けられた台車は超満員。
(↑くまのプーさんの絵が描かれているから)
① 
いつも一緒に遊ばない小学生男子も
「ぼくも のせてー」と言ってました。

おんぶしながら台車を押し、
小さな子が落ちないように両手を
ベルト代わりにおさえてあげる小学生。
公園中に駅ができアナウンスがありました。
何周も何周も、終わりの時間まで
台車には誰かが乗っていました。

ここで何度も遊んでいる子どもたち。
なのに、新しい遊びが繰り広げられる
から驚きです。

「レーディー、ゴー!」
山から車ですべり降りる様子を見て、
女の子が旗をささっと作りました。
② 

寒かったので、火の側はみんなに大人気
(大人はもう離れられません)。
③ ④ 

寒いけれど、そんなのは関係ナシ。
⑤ 
тСе 
三日間過ごして今回思ったことがありました。
プレーパークには「時間」が、
たっぷり、ゆっくり、のんびり
流れていることに。
泥団子を女の子と一緒に作った時、
なんてやさしい時間なんだろう、
と思いました。
時をつかまえられるかのよう!
⑦ 

普段、子どもを急かしている自分にも
気が付きました。たまには、時間に
追われずに過ごすのもいいものです。

プレーパークって、毎回気付かされる
ことがあって面白いですよ。
ぜひ、遊びに来てくださいね(^^)

(かなもん)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?

-7月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5(金)6(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20(土)
越谷市放課後子ども教室


-8月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3(土)30(金)31(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
17(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ