NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 活動日記
FC2ブログ

9/19 東越谷プレーパーク

9月19日土曜日曇り

今年度初めての越谷市放課後子ども教室「プレーパーク教室」
コロナ感染予防をしながらの開催で(検温、消毒、密にならない遊びとは…
と事前打ち合わせや遊び道具の選定等
どんな様子になるか緊張しながら始まりました。

しかし子ども達はそんな大人の緊張感は関係なく!遊びました。
久しぶりに会えた常連の子ども達の元気そうな顔も緊張感を無くしてくれました。
初参加者が多い中、
リーダーやボランティアのきっかけつくりであっという間に
場になじんで楽しく過ごせていたようです。

木登り、大縄飛び、ドッジボール、水遊び、毛糸遊び虫取りetc…
6_20200924115244e3f.jpg 5_202009241152421d9.jpg 4_202009241152410a1.jpg 
笑い声やはしゃいだ声が響きました。
ストレス発散できたかな。

しばらくぶりのたくさんの子ども達の声に、
少し困惑しつつ、
理解して見守って下さっている御近所の皆さま、ありがとうございます。

また10月も第3土曜日に開催します。

(川)
...
スポンサーサイト



9/15 ちびころ

爽やかな秋晴れ、外遊び日和の1日でした。
私はちびころへの参加は三年ぶりでしたが、
変わらないあたたかい雰囲気にうきうきわくわく。

息子ははじめてのちびころでした。
思いっきり自然と触れ合えて一緒に遊ぶ友達もいる、
そんな場所はとてもありがたいです。
ベビーカーで眠くなりながらも到着すると、
シャボン玉や水遊びをしているお友達に気づき、
息子の目がキラキラ輝き始めました。
眠気はどこへいったのか、裸足で土を踏みしめ、遊ぶモード!

子どもたちはみんなそれぞれ興味がある方へ。
楽しそうなことをしているのを発見すると、
お友達のところへ行って一緒に遊んだり、
また違う遊びを始めたり。
自由だけど仲間もいて、楽しさも倍になります。
4_202009221159538c9.jpg 3_2020092211595231c.jpg 2_2020092211595074d.jpg 

後半は大きな布絵本の登場!
青空の下での読み聞かせはほのぼのします。
5_20200922115955ac5.jpg 
コロナ渦で、なかなか子どもの遊び場がない中で、
親も煮詰まることが多いのでは、と思います。
私も煮詰まってしまっていましたが、
ちびころに参加して気持ちもスッキリしました。
子どもたちがのびのび遊んでいることだけでも嬉しいですが、
大人も楽しめてゆったりお話もできてリラックスできました。
外遊び、いいですね!

ほーりー

9/13 西野博之さんの講演会

西野博之さん講演会「居場所のちから」
~川崎市子ども夢パークがどんなときも大切にしていること~

こちらをご覧ください。
① 
これは川崎市子ども夢パーク入り口にある
「子どもの居場所」について書かれた看板です(昨年11月、当会で視察に行った際撮影)。
この看板を見るたび、私はほっとし気持ちがやわらかくなります。
講師の西野博之さんは、この「川崎市子どもの権利条例」策定から関わり、
条文を体現した「川崎市子ども夢パーク」(プレーパークとフリースペースを併せもつ)の所長でもいらっしゃいます。
コロナ禍において公共施設が次々と一時閉鎖した春も、
夢パークは開所し続けました。子どもを守るために、です。

②  
9月13日、サンシティホール視聴覚室にて、
西野博之さんの講演会を実施しました。
集まったのは越谷市民を中心に、
子どもの居場所に関心のある方や活動されている方々です。
フェイスシールド越しに約2時間、
子どもを取り巻く状況、西野さんの苦労や気づき、
日々大切にしていることをお話いただきました。

先日、公園で小学生の息子が近所の子どもに執拗に乱暴されるということがありました。
自分の子どもを守りたい気持ちもありましたが、
乱暴したその子が家庭に課題があることも知っていました。
こういう時、どう対応したらいいのかとても迷いました。
そんな時に、西野さんが講演で話されていた言葉をひとつひとつ思い出しました。

・困った子は困っている子であること
・「試し行動」(例えば挑発するような)を繰り返ししたとしても、
 その子にとっての居場所があることを挨拶などを通して伝えること(決して排除はしない)
・「正しい」ことは控えめに言おう、等

西野さんが大切にされていることを思い出しながら、
目を見てその子の気持ちを聞きました。
ただ横に並んで話をしただけで、言葉にならない声がたくさん聞こえてくることを知りました。
その子の目からじわっと涙が出てぬぐいながら辛いことをそっと教えてくれました。
「何やってるの!」と感情に任せ、頭ごなしに話さなくて本当に良かったと思った瞬間でした。

私たちは何か起こった時に、話しをしているのだろうか。
誰かに苦情やクレームを言って終わらせていないか。
まず話をすることもしていないのではないか。
西野さんの言葉をきっかけに、気付かされた出来事でした。

③  
講演会チラシを作った私は
「越谷の子どもたち一人ひとりも大事にされるために、今できることは何か」こう記しました。
夢パークのような居場所があることがうらやましい、と思っていたけれど、
そこにいる人たちが持っている「まなざし」が何よりも重要だと気づかされました。
西野さんのお話する姿、人柄からにじみでる「まなざし」。
私は人としての居場所だと思います。
言葉だけでは伝えきれないモノもこの「直接」の講演会で参加者に届けられたと思います。

越谷にも子どもたちが安心できる居場所が、
よりたくさんの「まなざし」によって作られることを願っています。
プレーパークもこれからもそんな居場所でありたいと私は思いました。
なにより、子どもと大人が幸せである居場所として。

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
西野さん、お忙しい中お越し下さり、
私たちの心に生き続ける言葉、
力になる言葉を届けてくださり、ありがとうございました。
④  

参加者の感想を一部紹介します。

・子どもが「助けて」「困っている」ということを言う、言えることが大事と思っていました。
 お話の中で「助けて」と言える社会、迷惑をかけあってお互い様という考え方をお聞きし、とても共感しました。
・私の中のモヤモヤや悩みなどを解決する手立てになった。西野さんのお話を直接お聞きすることができてよかった。
・子どもへのまなざしに気付かせて頂きました。

(かなもん)

9/10 第1回大袋地区センター事業(オンライン)

今日は大袋公民館主催の、楽しい外遊び講座1回目でした。

全4回のうち、
初回の今日はオンライン講座「親子でのびのびあそぶコツ」と交流会です。
講師は、戸田の遊び場・遊ぼう会スタッフ、プレイワーカーである、
越田多佳子さん。愛称はこっしーです。

前半の講座では、プレイワーカーであり、子育てをする母でもあるこっしーから、
育児は母親だけで頑張らなくていいよ、頑張ることを手放してみようというメッセージを受け取り、
何か自分を縛っていたものがフッと取れ気持ちが軽くなりました。
オンラインで離れていても、こんなにも感情が伝わってくるなんて!
こっしーの心からの言葉に感極まりました。

のびのびと外遊びをするコツは、
①子どもの気持ちを想像して見守ってみよう
②自分自身も一緒に面白がってみよう
③自分の子ども以外の子と遊んでみよう
と教わりました。
online_kaigi_woman.png
後半は参加者同士でオンライン交流会。
生まれて1ヶ月の赤ちゃんがいるママや
画面に興味津々の子と一緒に交流をしたママ、
気兼ねなくおやつを食べたり飲み物を飲んだり、
ぬいぐるみを画面越しに見せ合いっこしながら、
オンラインだからこそ繋がれたママ同士、育児の悩みを共有しました。

次は9月24日、大袋原っぱ公園にて。
こっしーから教わったコツを心がけながら、
オンラインで交流したママたち子どもたちと外遊びするのが楽しみです。

やまちゃん

乳幼児親子対象 外遊び講座

大袋の原っぱ公園の近くにある大袋地区センター
毎年、ここの乳幼児の親子を対象とした事業を担当させてもらっています。

今年もやります!
しかもオンライン講座に挑戦します!
4回連続講座のうち、1回目と4回目がオンラインです。
teamsを使って自宅から参加できます。
なので、子どもを抱っこしながら、遊ばせながら参加できますよ。
お申込みもオンライン。(または大袋地区センターに直接行ってください。)
↓ ORコードからアクセスできます。
QR.jpg


もちろんリアルな遊びも2回目と3回目でやります。
今の時期、外のほうが安心だけど、
どうやって子どもと一緒に遊んだらいいかわからないという
ママやパパにぴったりの内容です。

2_20200815164030796.jpg

オンラインなんて難しそうで・・・という方は
下記をみて挑戦してみませんか?
慣れるとはきっとはまりますよ。

3_20200815164031cce.jpg

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-8月の開催日-

♦大袋プレーパーク…
※8月の開催中止

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
※8月の開催中止
越谷市放課後子ども教室


-9月の開催日-

♦大袋プレーパーク…
4(金)5(土)6(日)13時~16時

♦ちびころ…
15(火)10時~12時

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19(土)13時~16時
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ