NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 2014年06月
FC2ブログ

ちびころ

2014.06.30

今日もちびころが始まりました!
ちょっと雲っていて、
にわか雨が降りそうな雰囲気もありましたが、子どもたちの気持ちが伝わったのかお昼前にはいい天気!

でも、
ちょっと涼しかったかなと思っているのは親だけで、子どもたちはいつも通りびしょびしょになるまで楽しんでました。
「やっぱりプール出した方がよかったのかなあ」
なんて思っていたら、自分たちで作った水たまりにダイブしてました(笑) 。

こちらが準備しなくても、
見つけて遊んじゃうのって子どもの才能ですね!

20140630 (3)

お昼ご飯はみんなが持ってきてくれたお野菜いっぱいのお味噌汁と
、ごはんとサラダです。

山の上でランチしている子どもたちもいて楽しそうでした。 
お外で食べるご飯はなんでこんなにおいしいのか不思議です。

20140630 (1)

最近、私が野菜を切り始めると寄ってくるようになった次男、
やりたいのかなあーと思ってやらしてみました。

「気づいたら娘さんがピーラーを使えるようになっていた!」
という話を聞いて、そういえばうちの長男も気づいたらハサミが使えるようになっていたことを思い出しました。
たぶん、これもちびころのおかげです。

やりたいと言ったことをみんなが教えてくれるのも、
ちびころのいいところです。

20140630 (2)

最後はみんなで台車に集合!
また、来週が楽しみです。

(ななみ)


スポンサーサイト

大袋地区センター講座

6月29日(日)

 東越谷プレーパークに来ているプレーリーダー(おかぴ)が初めて講座に挑戦しました。 

  朝、最寄駅まで彼女を迎えに行った車の中
 「この間の打ち合わせからちょっと変えてしまいました。昨日カンペをつくっていて、パワーポイントと合わなくなってつくりかえてしまいましたー。大丈夫ですか?」
 「今日の先生はおかぴなので、最終的にはお任せしますよ。」
 「えー。緊張してくるー」
 そんな会話で現場の大袋地区センターに到着しました。

20140629 (10)

 「外遊びから子どもの育ちを考える」というテーマです。
  参加型の講座で、参加者同士がお互いの考え方を共有しながら学びました。
  お父さんも二人参加してくれました。そのうちの一人のお父さんは、子どもが保育園に入れなかったため、1年間育休をとって子どもと過ごしたそうです。そんな話も飛び出してくるような、とても和やかな講座でした。

20140629 (8)

  プレーリーダーは子どもと遊ぶ人と思っている人が多いのでは?

  いえいえ、そうではありません。子どもと寄り添っている大人です。親でもない、先生でもない大人です。
 彼らの目線から見た、子どもたちの様子はいつ聞いても感動します。遊びの時間のほんのひと時の出来事を子どもの成長ととらえ、切り取って話してくれる。「なるほど、そっかー」とわが子の気持ちに気づくことがあるはず。

  プレーパークにきたら、プレーリーダーともっと話をしてみませんか。
  子どもたちと斜めの関係をつくれる大人の話。
  とってもいいですよー。                 (あや姐)

  
 

 

ちびころ

2014.6.23

今日は土も湿った感じで、水まきいらずでした。

久々に顔を合わせたママ同士で、幼稚園の中での出来事や、子育てについていろいろ言われた言葉に傷ついたり、怒ったりしたときにどういう言葉を返したり、気持ちの整理をしたかなど、さまざまな年齢をもち、いろいろな子どものタイプがいて、周りを取り巻く環境が全く違う家族をもった中で繰り広げられる子育て感が垣間見えるひと時がありました。そういう話ができるのがプレーパークならでは!

自分の中の凝り固まってしまったものや枠がほぐれていったり、広がったりする体験が多くあります。

子どもと共に大人も成長できる場なのかもしれません。

異年齢で多種多様な交流によって、ありのままの自分に気付き、プレーパークがなぜ今必要とされているのか感じられたりするのかなぁと最近思います。

そういったママたちのまわりでは、べっこう飴作りにはまっていたり
20140623 (1) 20140623 (6)

水遊びを楽しんだり
20140623 (2) 20140623 (4)

木を切ってみたり
20140623 (7) 20140623 (3)

包丁を使ってみたりしながらお昼ご飯づくりを楽しみ、お昼の冷静パスタと、ラタトゥユ風スープをおいしく頂きました。 ハーブティーも好評でした。

20140623 (5) 20140623 (9)

 20140623 (10) 20140623 (11)

妹のためにお兄ちゃんが一生懸命べっこう飴を作っていました。 おいしかったんだろうな。そのあと、自分のためにもう一つ作っていました。 兄弟間の関係が薄れていっているこのごろにこういう光景を目の前で見れて幸せを感じました。

20140623 (8) 20140623 (12)

子育てではなく、“個”育てになっている環境があるのを目にしてきた事が多い中、妹を思うお兄ちゃんの気持ちと行動は素敵です。

「兄弟がいたって、一人っ子と同じだよ。」という言葉がよく聞こえる最近ですが、なぜそうなってしまうのかを考えると、時代背景が違う事が大きいように思われます。

プレーパークでは、一人っ子でも兄弟がいても、異年齢の関わりがあります。

その関わりは、子どもにとっても、大人にとっても、新鮮で衝撃的!

それが楽しみの一つになっているんだなぁと、自分の子どもを見て思います。 
  (かん)
 



ふくろう

6月22日(日) 小雨のち曇り

今日はの午前中は大袋地区センター主催外遊び講座、引き続き午後はふくろうひろばの開催です。

    

あいにくの雨で、テントを張る作業や、火おこしもなかなか火が着きにくかったりで、いつもどうりに準備ができないそんな煩わしい状況もなんだか楽しい。

大人も子どももかっぱを着て、外にいることがおもしろおかしい。

子どもたちは雨の中に出て、さらに水撒きをして・・・そしてドロドロに・・・

20140622 (3) 20140622 (1)

“流しそうめんやるぞ-”と意気込んでいましたが、あえなく変更。

持ち寄り野菜でにゅう麺と、たくさんのジャガイモの差し入れを焼きジャガイモにして食べました。

そして、今日も焼きマシュマロは好評です。

20140622 (2) 20140622 (4)

ひらり。「うっさ、どこでお風呂沸かす?」

うっさ 「…山の上!」

ひらり。「じゃー眺めのいい、山の上で露天風呂とするか」

と始まったドラム缶風呂、最初は入らないと言っていた子たちも入っていました。

20140622 (5)

昼食後には雨もあがり、草加から来た青年たけるくんも加わり逆立ちなんかが始まった。

大人が真剣に遊んでいると、子どもも安心して遊ぶことができる。

思いっきり自分のやりたいことを始めるようになる。

20140622 (6)

ネコ車に水と草を入れて運んだり、竹を振り回して遊んではケンカになったり、うっさのとなりでずっとおしゃべりしている女の子がいたり、たけるくんを中心に追いかけっこしていたり・・・

大人でもない、子どもでもない青年がいることがとても魅力的らしく、子どもたちはとっても楽しそうでした。

20140622 (7)

7月のふくろうひろばは夏休みということもあり、3日連続開催します。(7/26~28)

次こそ流そうめんしましょう。

竹を組んだり、薪を切ったり、火の当番をしたり、パパたちの協力をお願いします。 



      

東越谷プレーパーク

2014.06.21

段ボールやカーテン、竹や紐やガムテープを使って、隠れ家(秘密基地?)づくり。
サポーターのパパさんから巻きダンボールのプレゼント
一番に来た子から即飛びつき遊び始めたよ。
普段触ったことないものって魅力的。

公園をナナメに横切った長~い道(?)↓ 
2014-06-21 (1) 2014-06-21 (4)
↓ 床にしたり壁にしたり ↑
2014-06-21 (3) 2014-06-21 (6)
東萌短大の保育・幼児教育の学生さん8名が体験ボランティアに来てくださり、
子どもたちと楽しい時間を過ごしてくれました。

2014-06-21 (2) 2014-06-21 (7)
プレーリーダー(おかぴ)は、ママやちびっこも交えて、モンキーロープを張るのにみんなで綱引き。「なにこれ~?」って、はじめて遊ぶ子が多かったみたい。

2014-06-21 (5)  2014-06-21 (8)
越谷市の青少年課より釘ややすりなどを買っていただき、工具が充実して、木工コーナーではいろんな作品が。

ヨコハマタイヤのタイヤガーデンさんから、今年もプールの枠に古タイヤをお貸しいただきました。すべっても、ころんでも、ちびっこでも、これで安心だね。

いろんな人たちに支えられて、みんなで遊ぶことができるこの公園に感謝!
毎年ありがとうございます。

2014-06-21 (9) 2014-06-21 (10)

はんごうでごはんを炊きました。

「火でごはんが炊けるって知らなかったー!」
って印象的でした。今の子どもたちを映し出しているセリフですね。
“電気の力で炊飯器を使って炊くもの”だったんでしょうね。

「なんか味が違うよね、こんなにおいしく炊けるものなんだー!」
っていう大人の声も。おこげのおいしさを堪能しました。
 
じゃがいもの差し入れ、たくさんいただき、ごちそうさまでした。
翌日の大袋プレーパークにもおすそ分け。

昨年度のビー玉の残りがまだあり、常連っ子からキラキラビー玉のリクエストが。
それを見た子たちが次々と興味を示し挑戦。
時間の流れが速い現代の子どもにとって、じっと辛抱して待つことの難しさ。
遊び急ぐような様子が感じられることも、しばしば。

もう1回、あと3個って…
また来月ね~、楽しみはとっておこうよ、ね。

(こにぃ~)



ちびころ

2014.6.16

今日は沢山のお友達が遊びに来てくれました!

やはり、人数が多いと遊びが広がります。

NCM_0513.jpg 
チビコロプールにシャワーが出現!!
今まで木は木陰を作ってくれるだけで喜んでいましたが、
考えればシャワーにも変身しちゃうんですね~!

NCM_0519.jpg 
シャワー付きの大きなプールがあるのに…
バケツでのマイプール…

NCM_0517.jpg
水道横に出来た泥水に入浴をしている子や、
泥のニュルニュルする感覚を足で楽しんでる子。

NCM_0525.jpg
ヤマモモの木の実を拾い集めてみたり。

NCM_0514.jpg
雑草を「ウントコショ!ドッコイショ!!」と、
楽しそうに抜いてみたり!

NCM_0521.jpg
やっとで歩き出した子が重いお椀を持ってお散歩していたり。

NCM_0524.jpg
ギターを奏でてみたり!

プチ喧嘩では、
2才児の男の子と女の子の三輪車の取り合い。
男の子が勝ったと思った直後、女の子が取り返した!
その後この二人は、ボールペンの取り合いも繰り広げました!

今日のママさん達は、
暑い中子供達と一緒に遊んでいたのが印象的でした。
子供も安心して自分のやりたい事をやれていたと思います!
NCM_0522.jpg 

今日の火おこしやりたい!
NCM_0518.jpg 
って初めて1からやってくれたかなモン!
お昼のお味噌汁とご飯の炊け具合は、
皆、一口食べた瞬間!

「うまい!今日のは最高に美味しい!!」
って言ってくれました!

皆で考えて頑張って作るご飯。
最高の出来だと、10倍美味しさが違いますよね~!

写真を撮ってただけの私ですが、
おかわりをしてしまいました(笑)

しかも、早く食べたくて肝心の写真撮るの忘れました!!
食いしん坊でゴメンナサイ……


ここ最近長女が私から放れようとしないので不思議に思ってました

遊んでおいでよ~って何回言ったか…

でも、あや姐に話してみたら、

「成長したんだね~」

「自分の立位置を考えてるだよ~」

なる程…
社会に出るときの不安とか、
小さい体で感じていたんだ…

日々の生活では分からない、
このちょっとした子供の成長。

それに気がつけた幸せ。


体の成長、言葉の成長
そればかり見てきた私ですが。

感情の成長もこれから見る事が出来るようになってきたんですね。


次回はどんなドキドキが起こるのでしょうか!
楽しみです!(ミラ)


ちびころ

2014/06/09   梅雨の中休み。

今日は大袋地区センター主催乳幼児講座。
と、お堅く言ってみてもやっぱり外遊び!

20140609 (2)    

初めて来た子は様子をうかがっているらしく、公園の中をママと歩いてみたり、山登りしたり。
常連ちびころの泥遊び、水遊びに刺激され、ママたちの「やってもいいのね。やってみたら」のおおらかな見守りに、夢中になって遊んでいました。
春日部親子劇場の親子も遊びに来て、とってもにぎやか。

20140609 (1) 20140609 (3)

お昼までで講座は終了でしたが、いつものちびころの様に時間のある人達は残りランチタイム。
「残念ですが、下の子の離乳食持って来なかったから帰ります」
と言っていたママは先輩ママから
「カレーとお味噌汁作るから味つけ前に取り分けたら」
のアドバイスで大感激。
ママが呼んでもなかなかご飯にならない子もいましたね。

プレーリーダーに子育て相談をしていたママ。
周りにいたママ達も聞き入っていた場面も。

だいたいの親子がランチタイムを楽しみ、さてまたひと遊びと思った頃。
突然ひどい雨が振り出しテントの下に避難。
地区センターの職員さん達や公園の隣の山下工務店さんにも助けていただいて無事に帰宅する事ができました。
本当にありがとうございました。

水遊びも濡れて、雨にも濡れてみんな風邪ひかなかったかな。
ママ達も大変でしたね。

外遊び、いろんな事ありますね。
でもひとつひとつがかけがえの無い経験になっていきます。
これに懲りずにまた外遊びしましょう。

(実はここまでびしょびしょになったのは久しぶりで、ちょっと楽しくなってしまいました。川)








ちびころ

2014.06.02          越谷、最高気温30度の暑い日。

3心地よい木陰  
心地よい木陰
1ママもひんやり 7水撒き楽しい
ママもひんやり             水撒き楽しい

熱中症が怖いので、とにかく子どもたちには水分をこまめに摂らせよう!と声をかけあい始まりました。
プレーパークにあるジャグ(お茶を入れる大きなポット)に持ち寄った氷を入れて冷たい麦茶を作ります。
みんな水筒は持ってきているけれど、ジャグの麦茶をごくごく飲んでました。
子どもたちは、ジャグをひねってコップにお茶を入れるのが、どうやら楽しかったようです。
うちの息子もすっかり気に入って、 しっかりお茶を飲んでくれました。

そして、今まで気づかなかったけれど、クスノキとヤマモモの木が心地よい木陰をプレーパークに作ってくれています。
みんなそこに集まり、思い思いに過ごしていました。
べっこう飴を七輪で作りながら楽しそうにおしゃべりしてるママ。
お昼の準備をする2歳、3歳の子どもたち!
一生懸命お豆腐やニンジンを切ってくれました。

4七輪で飴作り 2にんじん切ったよ
七輪で飴作り                にんじん切ったよ

お昼は野菜たっぷりお味噌汁に、初の手巻き寿司!
納豆やきゅうり、ツナなど各自好きな具を包んで、 もりもり食べていました。おいしかったなあ。


5初手巻き 8お皿洗い中
初手巻き                 お皿洗い中

今日特に印象に残っているのが、2歳児たちのけんか。
大人が先回りせずに、まず見守ってみる。
なかなか難しいけれど、これがみんなでできていたのかな、と思いました。
体育祭の振り替え休日で来てくれた中学生のSちゃんが、 けんかする二人の気持ちにそっと寄り添っていたのも印象的でした。

6二歳児と中学生 9シート片付け中
2歳児と中学生                 シート片付け中

片付けをしていると、大人が手伝ってなんて言ってないのに、 「やるやるー!」と積極的な子どもたち。
2歳の女の子が、大きなシートを肩にかついで 倉庫まで一人で持っていく姿には驚きました。

最初から最後まで今日も本当におもしろくて、あっという間の時間でした。
また来週どんな姿が見られるのか楽しみです。 (かなモン)



カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-10月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
4日(木)~7日(日)

♦大袋地区センター乳幼児講座…
11日(木)・26日(金)

♦ おちかくプレーパーク…
21日(日)
@みどりの森

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20日(土)
越谷市放課後子ども教室


-11月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3日(土)29日(木)~12/2日(日)

♦ちびころ…
8日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
17日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ