NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 2014年12月
FC2ブログ

今年最後のふくろうひろば

12月28日(日) 今年最後のふくろうひろばです。

 昨日の寒さのせいか、公園一面に霜柱が立っていました。
 3センチぐらいはありそうな立派な霜柱が一面にありました。
 当然、水たまりにも氷が張っていました。

20141228 (4) 20141228 (2)

 と、いうことは・・まさか水道も?と思い、蛇口をひねっても出てきません。
 やっぱり凍っています。
 こういう時にいつもお世話になっている山下工務店さんも今日は年末でお休み。
 蛇口を全開にして出てくるのを待つしかありません。

 しばらくすると、トイレから何やら流水の音とともに下から水があふれてきました。
 恐る恐るドアを開けてみるとトイレ内の水道管の隙間から水が勢いよく噴き出していました。

20141228 (1) 20141228 (3)

 「なにこれ!たいへーん!」大人たちは大慌て。
 「とりあえず、水道管の元栓を閉めよう!」
 この提案に元栓のあるところを探しました。
 ところが、元栓の蓋が見つからない。確かこの辺にあったはず。大人たちみんなが草むらを探し出しました。
 「あったー!」
 蓋も泥で埋まっていました。シャベルで掘り出し、元栓を閉じ、ようやくトイレの水が止まりました。

 トイレの故障では困るので、公園緑地課の職員の方に来てもらいました。
 「故障ではなくて、寒さのせいですね。」
 やっぱり。
 それでも念のため、業者の方をよんでくださいました。
 業者の方も「故障ではなく、寒さのせいですね。」 
 やっぱり。
 トイレ内の水道管に防寒対策をしてくれました。
 お二人ともお休みのところありがとうございました。

 以前、通信にふくろうひろばの夏の暑さとの戦いについて書いたことがありましたが、冬の寒さも手ごわそうです。

 こんな寒さとの戦いを大人たちがしている中で、子どもたちは霜柱をザクザクふみ、氷をバンバン割り、ドロドロの靴では歩けなくなり裸足で遊んでいました。
 手ごわいのは寒さでなく、子ども達?

 本格的な冬のプレーパークが始まりました。

20141228 (5) 20141228 (6)20141228 (7) 20141228 (8)
遊ぼうパンとホイップクリームで おやつ
20141228 (9) 20141228 (10)
キャンプテントの中にサマーベッド、バケツ、フライパン・・・ドロドロに
火の後始末も楽しんでお手伝い

スポンサーサイト

ちびころ

2014.12.22(月)

寒いかなぁと思ったら、結構暖かくて水道も凍っていない原っぱ公園。
冬休みに入って幼稚園児もちびころにきました!
初参加の子たちが気に入ったのは、山の上。
何やらお料理教室が始まりました。

 20141222 (3) 20141222 (4) 
 そのあとは、そりを使って山すべり。
20141222 (8) 20141222 (1)

泥遊びに水遊びが始まり、ホースから水がどう出るのか・・・
おっかなびっくりな子もいました。

20141222 (5) 20141222 (9)

ママたちがお昼ご飯をつくるのを見てやってみたくて、包丁を一生懸命握って野菜を切る子もいます。
そのおかげでおいしいお味噌汁と、炊き込みご飯ができました。

20141222 (2) 20141222 (6)

「外で食べるとおいしい~!!」と嬉しそうに言っているママもいれば、ご飯そっちのけで遊ぶ子もいます。
家だとつい座って食べるように言ったり、最後まで食べるように言ったりしてしまう時が多いですが、
ここでは「お腹がすいたらご飯食べに来るかな?」とか、
「遊ぶのに気がすんだらお腹すいたっていうと思うから少しとっておこうかな。。」というママの声も聞こえてきます。
それでも食べないと「一緒にたべようよ~(>_<)」というママの切ない呼びかけもあったりしますが、
見向きもしない子や、一口食べては遊びにいってしまう子もいます。
それでもイライラせずにゆったりとお茶を飲みながら座ってのんびりとできるのは “まぁ、いっか。” と思えるから。

午後になると、中学生や小学生もやってきて、ちびっこたちは、大きいお姉ちゃんと遊び始めました。
マシュマロを焼きたい人は、ちびっこから大人までいろいろです。
遊びは止まらずママが穴を掘り始めると、掘る人は増えていき広がりました。

初めての参加で松伏の人が多かったのは、松伏の支援センターの方がお知らせしてくれていたからでした。
その方も来てくださって、「いいよね~!!」とちびころの活動を応援してくれていたことや、
これからも応援しているという言葉を聞き、とてもうれしく思い、ちょっと感激した一日でした。

29日も ちびころ やります! 今年最後です。
お昼は煮込みラーメンであったまろ~♪

(かん)

東越谷プレーパーク

12月20日(土) もうすぐクリスマスです。

今日は、朝から雲行きがあやしい。午後には雨が降ってくる予想。
こんな日は、あまり子どもたちは遊びに来ないから、きっと私たち「大人が楽しむプレーパーク」になるだろうと公園で準備していると・・・
結構やってきました。「プレーパークは雨でもやるでしょ」との声。

20141220 (1) 20141220 (2)

さっそく恒例の基地づくりが始まりました。
今日は、寒さと雨を考えてのことなのか、倉庫の中が基地になっていきました。
中は暖かいので、半袖でも大丈夫とのこと。

20141220 (6)20141220 (5)

東越谷第7公園のこの季節の毎年のお楽しみ。
イチョウの葉っぱのじゅうたんができていました。
まるで、雪遊びのように葉っぱで遊ぶことができます。
イチョウの葉はつるつるしているので、段ポールを上に載せてそり遊びのようにできます。もちろん、雪合戦ならぬ、葉っぱ合戦だってできちゃいます。

20141220 (11) 20141220 (12)

落ち葉はステンドグラスにも変身します。
黒い画用紙に好きな模様の穴をあけ、葉っぱを貼るだけ。
貼り残した部分があっても風景の色がつきます。
今日は、ブルーシートの青色がつきました。

20141220 (13) 20141220 (7)20141220 (9) 20141220 (8) 

こんなことで楽しんでいると、雨が降るかどうかなんて気にならなくなってくるから不思議です。

大人はたき火を囲んでおしゃべりできます。
考えてみたら、これも冬だけの楽しみ。
3年前に一度きて、久しぶりに遊びに来た親子。
「以前より、子ども達が自由に遊んでいる感じがする。」とのこと。

私たち大人が子ども達の「やりたい」に寄り添うってどういうことなのか、
少しずつわかってきたのかもしれません。

20141220 (4) 20141220 (10)

午後になり、やっぱり雨が結構降ってきました。
みんなが帰り始めたので、プレーパークも早めに片付けはじめました。
いつもより、遊んだ時間は短くても、「やりたいこと」ができたから、きっと「おもしろかった」と思ったはず。

20141220 (14) 



ちびころ

本日のちびころ。
朝行ってみると、霜がおりてました!
土がサクサク音がなります。
そして、水道も凍ってます。
大人は寒いです。
しかし、子供たちはとっても元気。
サクサクを楽しんでいます。

20141215 (6) 20141215 (9)  
 
火おこしです。
大人は火のまわりから離れられません。
持ち寄りのさつまいももいっぱい。
焼き芋と、バターとシナモンのおいも。
甘くて、おいしい!
今日は鉄板焼きです。
やきそばと、お好み焼き。
普段も焼きそばしたり、お好み焼きしますが、
鉄板焼きは格別ですね。

20141215 (3) 20141215 (1) 
 
小さい子供。
包丁もつこと、火の近くにいくこと。
プレーパークにいかなければ、
私にとって「親がそばにいる場」でなければ使うことを
許可できなかったです。

20141215 (2) 20141215 (4) 
 
プレーパークで、周りの大人たち、子供たちのなかで、扱い方を覚え、
それがどういうものであるかが子供たち自身が自分たちの欲求から
自然に学んでいきます。
 
それこそが、自然のあるままの姿だなと思います。
 
こちらが、大人が、用意して、
「これを学びなさい。」
ではなく、子供たちの、知りたい、見たい、触りたい、作りたい。
その気持ちに寄り添うことで、学ぶ。
 
義務、やらなきゃいけないこと、をこなすより、
自分のやりたい、に、素直になること。
 
そして、「禁止」についても思います。
怖がって、不安になって、周りを気にしていっぱい禁止してしまいがちでした。
しかし、それは、本当のところだれのためだったのか。
 
子供たちをみていて、私たちママも学ぶことがいっぱいです。

 
吉田知紗
 
20141215 (8) 20141215 (7)





かふぇとも2

12月9日(火)

 先月もやった越谷市市民活動支援センターの事業「かふぇとも」の2回目です。

 「外遊び」ってどんなことをしたらいいかわからないとか、子どもが小さいと難しいというイメージがあるようです。
 そんな「外遊び」にハードルの高さを感じている人を外に連れ出すためのきっかけづくりをすることにしました。

 最初に東越谷第7公園に植えてある木の名前や実をスライドで見せて、プレーパークではどんな遊びをしているのか紹介しました。それから落ち葉のステンドグラスを作りながらおしゃべりしました。教えてくれたのは昨年まで会の理事をしていた斉藤さん。

20141209 (1) 20141209 (2) 20141209 (3) 20141209 (5)20141209 (6)

 いつも私たちはこのステンドグラスづくりも外でやっていて、子どもたちは葉っぱを拾うところからやるんだよ。
 と、話すと、「越谷駅近辺には落ち葉やどんぐりを拾える公園がない。」とのこと。東越谷第7公園まではちょっと遠い。
 そこで、越谷市の地図をもってきて確認してみました。
 ほんとだー。公園ないね。 これだと「外遊び」が日常ではなく特別なことになっちゃう。
 越谷市のまちの課題が少し見えました。

 最後に斉藤さんがひとつ枝を見せ、
 「この枝は葉痕(葉の落ちた跡)が羊の形になっています。さあ、なんていう木でしょうか?東越谷第7公園にある木です。知りたい人はプレーパークに遊びに来てください。今日は、教えてあげなーい!」
 と締めくくってくれました。

20141209 (4)

 斉藤さんうまーい!
 終わった後のアンケートには 「もっと知りたい」「行ってみたい」の声がたくさんありました。

 たまには外にでかけてみませんか?

ちびころ

12月8日 月曜日  いいお天気です。

今日は、異世代交流会と題して地域の先輩ママから料理を教えてもらいました。
メニューは「おやき」と「けんちん汁」です。
具になる高菜炒めは先輩ママの手作りです。作り方も教えてもらいました。
自宅の畑から、どんぐりみたいに大きな落花生も持ってきてくれて、炒って食べました。ハヤトウリは大根やキュウリと一緒に浅漬けにして食べてみました。
ご馳走です。

20141208 (6) 20141208 (1)20141208 (8) 20141208 (3)
20141208 (4) 20141208 (5) 20141208 (7) 20141208 (9) 20141208 (10)   

子供たちもさっそくお手伝い。
おやきの生地に挑戦です。
「団子作る〜」「やってみたぁい」と手で生地をこねる。
大きいお姉ちゃんがやってることにちびっ子もやりたいと興味津々で背伸びして見てました。
おやきの種類は、全部で3つ。
あんこ、カレー、高菜。
生地の中に具を入れ、いろんな形、いろんな色のおやきができました。
「ママ見て」と子どもたちの顔は満足そうです。

泥遊びの子どもは、何をしてるのかなと見てみると
「カレー味キムチどんぐりをつくったよ」と泥水とどんぐりと紙を入れた物を嬉しそうに見せてくれました。
遊び場にいると、いろんな子どもが話してきます。


20141208 (2) 20141208 (11)


「僕ね、今日から口から白いものをだせるようになったんだよ。ハァー・・・
ほら出せた。」

「私ね、ずっと走れるようになったの。」

「僕ね、回転できるんだよ。」

いろんなことに子どもたちが「見て見て」と言っては、私も「すごいね」と手をたたいて喜びました。
本当、しばらく見ないうちにみんな成長するんですね。

うちの子どもも帰り際に泣き始め、ベビーカーに乗せると4歳の女の子があやしてくれました。
しばらくすると
「寝かせたよ」といい本当に寝てました。
女の子ですね。

20141208 (12)

あっと言う間に時間もすぎ終わる時間になりました。
本当楽しかったです。



ちびころ

11月24日 (月・祝)  くもり

先週に引き続き、一番乗りは杉戸のおじさんたちです。
しかも一人増えていますよ。

おじさんたちは杉戸にある公共施設と、その隣にある広場で、何かできないかと勉強中・模索中だそうです。ぜひ、若いファミリーと一緒に楽しめることを実現してくださいね。

20141124 (1)

おじさんたちは地元でとれたたくさんの野菜と、Aさんが夜釣りした穴子をもってきました。中学生がさっそく穴子のさばき方を教えてもらっています。ぬるぬるした感触を嫌がることなく飛びついた姿に、おじさんたちも感心していました。
「子どものうちから、こんなことできるなんてたいしたもんだー!!」

20141124 (3) 20141124 (2)

テーブルの周りでは昨日、調理にトライしていた小学生がウサギリンゴに再チャレンジ。昨日は見ていたら悲鳴を上げそうになるくらい危なっかしい手つきでしたが、今日はかなり上達していました。
きけば、「危ない」からと、家ではさせてもらえないとのこと。
子どものやりたい気持ちは、上手になることの一番の近道なんだなぁ。すごい!!

一方、昨日、見事な木工作を仕上げていた小学生が、今日はナタで竹を割りたいとのこと。杉戸のおじさんに道具の使い方を教わりながら、トライしていました。おじさんがていねいに教えていました。

揚げたての穴子の天ぷら、八頭の小芋のボイル、そばがき入りけんちん汁と、おじさんたちの持ち込んだ食材で贅沢なお昼がいただけました。ごちそうそまでした。

20141124 (4) 20141124 (5)

今日は祝日とあっていつものちびころに、小中学生が加わりいつもと違った雰囲気です。七輪の周りでべっこう飴を作ったり、ママたちとおしゃべりしたり・・・

片付けをしている間も、みんなで水場の横の泥水をスコップやブラシでかきだしたりと、異年齢の子どもたちが群れて遊ぶ姿がありました。

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?

-11月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3日(土)29日(木)~12/2日(日)

♦ちびころ…
8日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
17日(土)
越谷市放課後子ども教室


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室



遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ