NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 2015年01月
FC2ブログ

かふぇとも3

1月26日 月曜日

越谷市市民活動支援センター事業で「かふぇとも」の3回目がありました。

今回のテーマは「初めての外遊び、どうする?」だったので、外で遊んでいる子どもたちの生き生きとした表情の写真、お母さんが作ったべっこう飴や泥だんごを作った写真を周りに貼りました。
普段の遊びができるようにおもちゃや積み木も用意して、カフェに来た感覚で楽しい雰囲気でお茶を飲みながら「外遊びについて」お話をしました。
いつも越谷のプレーパーク、 草加のプレーパーク 、別所沼のプレーパークに子どもを連れて行っている母親や、小学校からプレーパークの楽しさに魅了されたプレーリーダーを志す若者など、4名に外遊びについて話してもらいました。
そのあとに集まったお母さん一人一人に外遊びで困っていることを聞きました。
聞いてみると、外遊びに不安を感じている方が多いなぁと感じました。
「わかるなぁ〜、私も最初はそうだったな」と思い出しました。
子育てで苦しくなるときがあり、外遊びにもハードルの高さを感じていました。
でも、プレーパークに行くとその苦しいと思うことがなくなり、普段の子どもとの遊びも楽しむことができるようになりました。
お母さんたちとお話をしていて、プレーパークの魅力を言葉で伝えることの難しさを感じました。
もしかしたら、それを伝えることができるのは、子どもたちなのかもしれません。
まずプレーパークに来て子どもの生き生きした表情を見て感じて欲しいと思いました。
プレーパークで逢える日を楽しみにしてます。 (柳)

20150126 (2) 20150126 (3) 20150126 (4) 20150126 (5)

そのほか、外遊びの体験談をお話ししてくれたお母さんたちの感想を紹介します。

〇  『外遊びについて』ですが、人前で話すのはとっても緊張しました。 それに人に伝えるってとても難しいなぁと実感しました。 プレーパークでの私の体験談や感じた事を伝えるだけでは、外遊びのホントの楽しさは半分も伝わらないなとも思いました。 でも、「とりあえずプレーパークに来て1度遊んでみて!」しかないな、と。 外遊びで子供たちの成長を見られるのは最高に幸せなことなんじゃないかなと思います。(前島)

〇 今回は外遊びについて、お話させてもらう立場として参加させていただきました。自分の経験話、思うこと参考になってもらえればうれしいです。やっぱり外で遊ぶことは気持ちがいいし、楽しいです。危険や服が汚れるなどママさんを悩ますことはあるけど、子供も大人も経験して学び成長するのみです!(ゆり)



スポンサーサイト

おもちつきinふくろうひろば

1月25日 (日) 今年もやりましたー。おもちつき

 昨年は強風で、砂まみれになったおもちつき。
 今年は、穏やかな陽気で、おいしいお餅がつけました。

 お手伝いをお願いしたのは、
 越谷市の新方地区でいつもおもちつきのイベントをやってくれているおじさんたち。
 杵と臼をもってきてくれて、手慣れた様子で準備をしてくれました。

 薪も持参してくれましたが、いつも杉戸町からおいしいお魚をもってきてくれるおじさんが立派な材木を持ってきてくれました。
 「もったいなーい」みんなの声がかかります。
 元大工のおじさんにしたら、廃材とのこと。プレーパークにしたらお宝です。    

 そんなやりとりの中、火をおこし、お湯をわかし、まず臼をきれいにします。
 お湯がわいたら、昨日ママたちが研いで水につけておいてくれたもち米を蒸していきます。
 もち米に芯がなくなったら、 さあ、やっと餅つきの始まりです。

20150125 (5) 20150125 (7)

 臼に入れたもち米を杵でぎゅっつ、ぎゅっつと潰します。
 もちつきはこれが肝心!

 そして、やっとぺったんぺったん、ついていきます。

 「やりたーい」 子ども達、「やりたーい」 ママやパパ、
 みんなで交代でつきました。

 大活躍してくれたのは、毎年おもちつきしている高校2年生の男子。
 すぐに疲れてしまうおじさんたちとは比べものにならないくらいの安定ぶりでした。

20150125 (10) 20150125 (12)

 公園の入り口近くでお餅つきをしたので、通りすがりの地域の人が立ち止まります。
 「もちつきかい?昔よくやったなー」 そんな声をかけてくれます。
 近所のおばあちゃんはママたちの不慣れな餅つきに
 「そんなんじゃ。餅が冷めちゃうよ。見ていられない!」と寄ってきました。
 しばらく、色々教えてくれました。
 おいしい食べ物があまりなかった昔は年中ついたそうです。
 ごちそうだったそうです。

20150125 (1) 20150125 (15)

 出来上がったおもちは、子どもたちも一緒に小さくちぎって、
 きな粉や大根おろしをつけて食べたり、お雑煮にしたり、おしるこにしたりして食べました。
 食べ切れなかった分は、お土産になりました。
 「今日は、すごーい。得した気分」とママが言っていました。

 出来栄えはいまいちだったお餅かもしれません。
 でも、みんなが「おいしい」と笑顔で食べられるのが何よりです。

 だって、プレーパークのお餅つきですから。

 20150125 (16) 20150125 (17)
 
 
 

ちびころ

 1月19日、やはり今日の朝も一面の霜柱。
20150119 (3)
でもすぐ暖かい日差しで溶けていきます。
風もなく、プレーパーク日和です。
 
さっそく水遊びが始まりました。 水道から大きな水柱! 普通の公園では、なかなかこんな遊びは出来ませんものね。 
20150119 (4) 20150119 (6)
20150119 (2) 20150119 (1)
お姉ちゃんがトンカチたたくと、ぼくもトンカチ・・・ノコギリ持てば、ぼくもノコギリ・・・

子ども達は寒さなんて物ともせず、泥団子や泥でのおままごと。
裸足で泥の中に入っていく子もチラホラといました! 
山のテッペンは人気スポットです。 
今日は周囲で工事をしているところが多くて、働く車好きのうちの子はショベルカーをじっと見つめてました。
見晴らしいいものね。
20150119 (5) 
お昼ご飯は定番メニューの味噌汁とご飯、そして鶏肉の炒め物。
味噌汁は本当にいつも具沢山で、一杯食べるだけで1日分の野菜がとれそうです。
沢山遊んで、ご飯も沢山食べたらお片づけ。
子ども達は片付けも遊びにしてしまいます。
大人が洗い物をしていたら、「僕も、私も!」 とやりたがります。
荷物を倉庫にしまっていると、笑顔で一緒に持ってくれます。
土を均すためのスコップは大人気で、奪い合いです。
最後まで遊びつくしました!  

また遊ぼうね。
(長谷川)

今年初 東越谷プレーパーク

2015.1.17 今年初めての東越谷プレーパーク

 気温はそれほど低くないのに、風が強いと寒く感じます。

 こういう風の強い日は火を使うのに迷うところです。
 でも、こう寒いと火の気なしには居られません。

 なるべく小さなたき火にしようと相談していると、常連の家族がやってきました。
 小学生の女の子はマッチをすったことがないとのこと。
 さっそく火おこしにチャレンジです。
 結構上手にでき、「うまーい」と大人たちの声がかかっていました。

P1030267.jpg  


 今日は、久しぶりに木工の準備をだしてみました。
 年齢を問わず夢中になる子が現れ、テーブルまでできた子もいました。
 中学生がナイフを使って木を削るのをみて、自分もやってみたいと言い出した小学生もいました。
 家で、鉛筆をナイフで削ることにはまっているそうです。

P1030281.jpg P1030289.jpg
 
 初めてのこぎりなどの刃物を持つ子がいるときには、しばらくの間見守る大人が必要です。
 それは、その子がどれぐらい使い方を理解し、集中できるかを見極めるためです。
 器用な子もいれば、そうでない子もいます。
 集中できるこもいれば、そうでない子もいます。
 それぞれに危険度が変わってくるので、その子に応じた見守り方があると感じます。

P1030271.jpg2015.jpg P1030269.jpgP1030270.jpg

 小学5年生が、ツリーハウスをつくると言って、正方形の板に釘を打ち始めました。
 これが、風よけにぴったりで、入れ替わり立ち代わり、みんなが中に入っていきました。
 出来上がったばかりの通信35号の仕分け作業もこの中ででき、大助かりでした。
 今日は、そのほかに2軒の基地ができていました。

P1030286.jpg P1030274.jpg P1030275.jpg P1030276.jpg 

 おっと、忘れるところでした。もう一軒ありました。
 3歳児が一人はいれる秘密基地。
 一緒につくっていたママは「ゴキブリほいほい」といっていましたが・・・
 中でうれしそうな笑顔が見えていました。

P1030288.jpg

 「寒い」といっているのは、大人だけ。
 たき火の回りに自然と集まってきます。おしゃべりが弾みます。
 来月の東京マラソンに出場するパパがいました。
 冬のプレーパーク、なんだか心が癒されます。

P1030278.jpg P1030290.jpg
寄付でいただいた茶色いザラメで初べっこうあめ・・・できた~   地面で大きな棒消しゲーム

木工とたきびで、木材が大分減りました。
こんなときいつもお世話になってるご近所の丸孝木材㈱さんに、
また端材をもらいに行きました。ありがとうございます

次回 2月21日は・・・何しようかな?
チョコフォンデュとか・・・おしることか・・・おやきとか・・・
あ、食べるものばっかりだ





強風のちびころ

2015.1.12 ちびころ

今日のふくろうひろばは、風がつよ~いっ!!
「誰も来ないかなぁ・・」というほどの砂嵐が舞っていました。

でも寒いので、火だけおこすことにして
火おこしをしようとすると
4歳と大人のマッチすりバトルが始まりました。
「どっちがこの風の強い中、火をつけられるか」ということになり
マッチをこすり、つかなければ交代していきますが
なかなかつきません。
しばらく真剣にマッチに向き合ったのち
勝者は、4歳児になり「火がついたよ!」と嬉しそうでした。

その後、二人は「風に負けるかぁ~っ!!!!」と
なぜか肩車で風に向かっていました。

KIMG0207.jpg

そんな二人を見て
こんなすごい砂嵐の日でも来る猛者がいるかもしれないという気持ちが
わいてきて、土の乾燥をなくすため、山の上から水をまき始めました。

KIMG0206.jpg

水をまいていると、猛者がチラホラやってきて
「こんな風が強くてもやってるんですね。」との声が・・
「やってるよ~。第2と第4の月曜日は警報が出ない限りね。」と伝えると
「雨の日でもやってるんですか?」と聞かれたので
「やってるよ~。雪の日も楽しいよ。どんな日でも さぁ、行くぞ!
 今日は何するのかな?って思ってくるんだ。」と伝えると
「すごいなぁ。。」と驚いていました。
「しかし、この風、目が開けられない。」とのつぶやきに
「そういえば、水中ゴーグルしてる子もいたよ。」というと
「え~っ、そこまでして遊ぶの!!」とまた驚いていました。
最初は、風に負けて泣いて帰る子も多いけどゴーグルしなくても、そのうち慣れてくる子もいます。

娘はプレーパーク参加歴は3年くらいになります。
雨が降って寒い時は火にあたったり、人に温めてもらったり
暖かい飲み物を飲んだり、倉庫に入ったり。。
暑い時は、水を頭からホースでかけてめったに帽子をかぶることはありませんでした。
4歳でも過酷?な状況を切り抜けられるようになるようです。

こんな会話から始まり、驚いていたママも風の様子を気にしながら、
山の上からそりをしたり、台車を押したりして子どもと一緒に遊び始めました。
火のそばではおもちを焼いたり、マシュマロを焼いたりして食べました。

KIMG0208.jpg KIMG0211.jpg KIMG0214.jpg KIMG0215.jpg 

たき火が絶えたので、
そろそろ一輪車にホースを乗せて片付け始めようとすると
「やりたい!!」と同時に言い出した女子2人。
「うちが一人でやるの!!さわんないで!!」

KIMG0217.jpg

何度も倒れるホースが乗っている一輪車。。
「重いから二人で一緒にやればいいのに。」と提案しましたが
「やだ!!」との一点張りです。
何度も何度も倒す様子に
「風が強いし、倉庫にしまわないと帰れないよ。」というと
気持ちが動いたのか
「一緒にやろう、ここもって。違う、そこじゃない、ここ。」と
ようやくホースが乗った一輪車は倉庫へ向かいました。(かん)

今日のお昼のメニューだった、お味噌汁と、ご飯炊きは来週へ持ち越しました。

新年初 ちびころ

1月5日

新年一回目のちびころです。
朝、公園一面に霜が降りています。
墨も完全に凍っていました!
見たことがなくてみんなびっくりです。

寒い~、でも、太陽がさんさんと暖かくしてくれます。

中学生のお姉さんが、うどん食べたい!

ということで、小麦と水と塩でこねこね。
そして、足で踏む。
しばし待つ。
20150106 (1)  
その間に、今度は魚もさばきます。
なんと、朝穫れのアナゴ。
こんなに新鮮なお魚は初めて見ました。
内臓も身も透明なんですね。
20150106 (2)
多めの油で炒め、塩コショウでいただきました。
身がぷりっぷりでお肉のようでした。
おいしかったです!
20150106 (3)
その間、うどんもできました~。
つるっつる!
おいしい~、子供たちもちゅるちゅる食べていました。

煮込みラーメンなどを食べ、おなかもいっぱいになったら子供たちも元気に遊びます。
20150106 (5)
けんかもします。でも、すぐ仲直りもします。

ママ達も、くつろぎの語らいタイムを楽しみます。
ただただ、自分の思っていること、日常にあった通り過ぎていくようなできごとも、口にして伝えて笑いあって楽しむ。
お互いが素で、そして楽しむ最高の時間でした。

おしまいの時間も近づき、子供たちの疲れもあったのか喧嘩し始めました。
親たちは見守りつつ、お片付け。
そして、ある出来事でママが本気で子供に向き合います。
干渉するというやりかたでなく、そのママの勇気や向き合い方、心の開き方もすばらしかったと私は思いました。
 20150106 (6) 
いろんなことが子育てのなかであります。
悩むこともあると思います。
うまくいかないこともあるかもしれない。
いろんなママ達の向き合い方を学んだり、話したり、子供たちの自由な姿を見たり、学んでいます。
正解を目指さなくていいと思います。正解なんてないのかなとも思っています。
でも、自分が納得する、楽しいと思う、幸せだと感じられる、親子がつながれていると、ゆっくり感じられるこの時間が大好きです。

よっち

1月17日(土) 何する~?

あけまして おめでとうございます

1~3月の東越谷プレーパークは、
プログラム予告なしで、来た人のリクエスト次第で展開します。

先月”やりたい”ものをチラッとお聞きしたところ・・・
「お雑煮作り」 「焼き芋」
「きらきらビー玉ネックレス」

をメインでやろうかなと思います。
もちろん「秘密基地」「隠れ家」も…\(^0^)/

材料は持ち寄って、足りないものを買い足します。
手ぶらの方や使い捨て容器を利用する方は、材料費をカンパください。

ことしも いっぱい あそぼー!!


カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


-1月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5日(土)

♦ちびころ…
25日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ