NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 2015年03月
FC2ブログ

けやきの木ありがとう

3月28日(土)

 公園の中央でシンボルツリーとなる予定だったけやきの木。
 根がつかず、枯れてしまいました。
 このままにしておくと、倒れる危険があるので、今日、伐採することになりました。

 朝から(株)サンエー緑化さんがユンボとトラックをもってきてスタンバイしていました。本当は、ユンボでひとかきで終わる作業のところ、とった枝を利用したいとの私たちのリクエストにこたえて、少しずつ枝を切ってくれました。ユンボの繊細な動きにみんな拍手です。

KIMG0688.jpg P1030414.jpgKIMG0690.jpg P1030416.jpgP1030419.jpg KIMG0693.jpg

 もらったけやきの枝は思った以上に固く、大人が乗ってももびくともしません。
 それでもみんな切ってみたいと、大人も子どもものこぎりで試しました。
 この日のために購入した、電動のこぎりも登場です。
 枝を薄く切って、まるでコースターのようです。年輪がとても美しい。
 自然ってすごいなー。改めて感じます。

KIMG0706.jpg KIMG0699.jpg 

  短く切られたけやきの木。
 これからのプレーパークで、たき火の材料になったり、木工の材料になったりします。
 おいしいごはんができて、みんなが笑顔になって、
 たくさん遊んで、みんなが笑顔になって、けやきの命をつないでいきます。

あや姐



スポンサーサイト

ちびころ

3月23日(月)

幼稚園のみが春休みに入った今日のちびころ。
天気も良く穏やかでした。
(途中、ポツポツ降った雨があったな〜)
いつもの3倍、4倍ぐらいの人が遊びに来ました。

KIMG0666.jpg KIMG0660.jpg KIMG0682.jpg P1030400.jpg

遊んでる人数が多くてその分、場外への逃亡者も多く・・・(⌒-⌒; )
大袋幼稚園まで行った逃亡者もいてヒヤリ(;゜0゜)とする場面も・・・
こうなると、自分の子供に限らず他の子も見守るという親の姿勢も大事となってきます。
みんなで見守り、子育てする、成長する。
こうすることで、親は力を入れすぎずに子育て出来るし(子育てが楽になる⁈)、子は親に偏らずに心豊かに成長できるのかな〜なんて。

今日のちびころは、キラビー作り、べっこう飴、つくし取って食べる(春を感じる〜)、味噌汁、ご飯、足りないからにゅうめんを作り〜^_^

KIMG0639.jpg KIMG0676.jpg

うちの娘は女子同士でプリキュアごっこしてたみたいです。^_^

お母さんたちものんびりお話してました。
これからは陽気も過ごしやすい日々が増えてみんな遊びに来てくれるとうれしいな〜(⌒▽⌒)

ゆりさん
P1030404.jpg

3/22ひらり最後のふくろうひろば

3月22日(日)

 今年度最後のふくろうひろば。
 2年間お世話になった、プレーリーダーの”ひらり”が最後の日となりました。

KIMG0568.jpg KIMG0556.jpg KIMG0564.jpg KIMG0583.jpg KIMG0586.jpg KIMG0590.jpg 

 築山に土管のトンネルだけで、木々も小さくロープを張ったり登ったりもできないこの公園で、どのように遊びを創造したらいいかと悩んでいた私達。

 泥や水や築山が楽しい遊び道具にかわることを教えてくれたプレーリーダーでした。
 小学生たちにとっても魅力ある遊び場になるために、キューブ君を提案してくれたのも彼でした。ただ四角いだけのこの箱に、板をかければ滑り台になり、中に入れば秘密基地になります。

 公園近くの家が解体している時に、一緒に竹をもらいに行ってくれました。
 その竹をつかって、ティピ型の遊具も作ってくれました。

 彼が何より大切にしたことは、遊びにきた子どもたちとの関係性をつくることでした。”ひらりに会いに来る”子どもたちとの関係をとても大切にしていました。

 この最後の日も同じでした。

 一人一人と丁寧にかかわることを心がけていました。
 特に、小学生には、今日が最後であることをきちんと伝えていました。

 プレーリーダーの専門性について多くの人にどのように伝えたらよいか、いつも悩みます。私の言葉足らずのことが多く、反省することもしばしばです。
 でも、子どもたちはきっと感じていることでしょう。プレーリーダーが特別な存在であること。

 渕野彩子

KIMG0618.jpg

3/21おかぴ最後の東越谷プレーパーク

こんにちは!プレーリーダーのおかぴです。
今年度最後の東越谷プレーパークが終わりました。
この日は、こんな出来事が印象的でした。

いつもお父さん、お母さんと来ていた小学校低学年の女の子。「今日はお母さんはあとから来るんだ。」と一人で来て、木工スペースで何やらやり始めました。机をつくろうとしているようで、「前はお父さんがたくさん手伝ってくれたから、今度は一人でつくってみたい!」と話してくれました。自分の好きな木材を選び、ノコギリで一生懸命黙々と切っていました。苦戦しながら釘打ちもなんとかでき、見事完成しました!初めて一人で作った机、その子にとって宝物になったんじゃないかなぁ。

また、久しぶりに来た小学生の女の子。プレーリーダーに「鬼ごっこやりたい!」と話してくれ、みんなを誘ってやることに。初めは5人くらいでやっていましたが、「僕も、私も入れて!」と仲間が増え、幼児~中学生まで、その時プレーパークに居た半分以上の子たちが鬼ごっこに参加しました。みんながみんな、元から知り合いだったわけではなく、プレーパークで出会った子同士も多いです。そんななか、みんなのやりたい遊びを一生懸命まとめようとしてくれた中学生が居たり、ルールがわからない子に教えてあげたり、みんなが楽しめるように声をかけてくれていた小学校高学年の子などの姿がとても印象的でした。その後、鬼ごっこが今度は高オニに変わり、いろいろな集団遊びを経て最終的にはだるまさんが転んだになり、最後までおおいに盛り上がっていました!
DSC_0261.jpg DSC_0267.jpg 
べっこうあめ      松ぼっくりバスケット
DSC_0270.jpg
幼児から中学生まで遊びの相談

プレーパークは「子どものやりたい気持ち」を大切にしている自由な遊び場です。

「一人で机をつくってみたい」という気持ちがもとになって、工具を使いこなせるようになってきたのだと思います。「みんなで鬼ごっこをしたい!」という気持ちがもとになって、自分の気持ちを言葉にして伝え、仲間を増やせたのだと思います。「いま、鬼ごっこをやりたい」気持ちの子が集まったからこそ、みんなが楽しめるように仲間への親切心が引き出されたのではないかと思います。

プレーパークは、子どもたちのやりたい気持ちを引き出すきっかけがたくさんあります。また、子どもたちのやりたいことを子ども自身の手で実現できるよう、サポートしてくれる人がたくさんいます。
そんな、子どもの「やりたい!」がたくさん集まったプレーパーク、来年度もたくさんの子どもと大人の笑顔あふれる一年になりますように!

★プレーリーダーおかぴより一言メッセージ★
この3月の活動をもって、私は東越谷プレーパークを卒業します!
月1回の活動をいつも楽しみに来てくれる子がたくさん居た東越谷プレーパーク。やりたいことは何でもやってみて、のびのび遊ぶ子どもたちからいつも元気をもらっていました!東越谷プレーパークは卒業ですが、これからもプレーリーダーとして、子どもが自由にのびのび遊べる環境を増やせるよう頑張ります!
1年間ありがとうございました!

ちびころ

3月16日(月)
本日はくもりでしたが、風もなく
多くのお友達が遊びに来てくれました!!

1.jpg

その中でも、最年少は2ヶ月の赤ちゃん!!
2ヶ月の赤ちゃんも連れて遊べる「ちびころ」と気候と出逢いに感謝します。

10ヶ月からプレーパークに触れてきた女の子。
ハイハイから、一歩二歩と歩き……。

1才10ヶ月の今日
大袋の山に自力で初登頂しました!!
記念に山の上でおままごと~♪
2.jpg
大人の私もおままごとに混ぜてもらいましたが、
役名「大きなお姉ちゃん」
……。
お祖母ちゃんと言われなかったのも、
気を使ってくれた子供達に感謝ですね~♪

凄い人発見!!
3.jpg
肩車されてる子の目線2メートル!!

台車に乗れなければ肩車!
あきらめない姿勢、大好きです!

沢山の子供達に、沢山のお母さん達。
ご飯の準備も賑やかで。
 4.jpg
沢山の食材に恵まれました!
 5.jpg 6.jpg
炊き込みご飯と鳥汁、菜の花のおひたし~♪

皆で作ると楽しくて美味しくて良いですよね♪
7.jpg
幼稚園に入る前の子達が
ここでは包丁を握り、料理をします。
自宅では、まず怖くてやらせられない……。
私もそうです!

時には包丁を振り回したりしちゃうけど
沢山のお母さん達が、子供の「やりたい!」って気持ちに寄り添って
一つ一つ教えてもらえる。

包丁の使い方も教えられない親の私は何をしてるのか……。

自分の子供の料理をしてる姿は怖くて見られないので……。
他の子供と遊びます!

手を切っても、自己責任!
子供を尊重して、やらせてるんです。

子供一人に……。
一人の母親。
だから教えられることは1つ。

ここには沢山のお母さんが居て
教えてもらえる事は1つじゃない。

経験したこと無い事を
沢山経験させてあげられる

「ちびころ」

そろそろ暖かくなってきたので
皆さんも一緒に遊びませんか?

みら

ちびころin梅林公園

3月9日(月)

今日のちびころは、梅林公園です。
梅の花はだいぶ色づき、見頃を迎えていました。
20150309 (2) 
お天気はあいにくの雨。
着いてまもなく弱い雨が降り始めましたが、子供たちには関係なし。
シーソーや砂場で遊び始めました。
今日は1歳6ヶ月のお友達が、初めてちびころに遊びに来てくれました。
1人でも多くのお友達が来てくれると、さらに賑やかになりますね。
写真 2 (2) P1030359.jpg
しばらく遊具で遊んでいたかと思うと、次は子供たちによる子供たちへの
紙芝居が始まりました。
聞いている子よりも読んでいる子の方が若干多いような…(笑)
その間に大人たちはお茶タイム。とても寒かったので、温かいコーヒーが
いつもよりおいしく感じました。
20150309 (4) 20150309 (5)
さて、そうこうしているうちに待ちに待ったランチタイム。
本日のメニューはサンドイッチ。ハムにきゅうりにチーズに卵に…
とても具だくさんなサンドイッチが完成。
そこにママ持参の手作りサラダや焼そばが加わり、火が使えないながらも
豪華なランチとなりました。
皆が作っているのをよそに、2歳の息子はつまみ食いばかり。
まだまだ作る楽しみは味わえないようです。
20150309 (6)  
食べ終わるとすぐに遊び再開。プレーリーダーのひらりへの質問タイムや、
『バスに乗って揺られてる GO~GO!』の大合唱。
遊んで歌って今日のちびころも、とても内容の濃い1日となりました。
20150309 (3) 20150309 (1)
ちびころを通して、子供たち同士で遊ぶ姿が多く見られるようになりました。
まだまだイヤイヤ期真っ只中の息子ですが、日々成長を感じますね。

Emi


ちびころ

 3月2日 

昨日の大雨がウソのように雲ひとつない青空が広がっています。
でも朝から肌寒い風が吹いていていたせいか、遊びに来たお友達はちょっぴり少なめ。
いつもは取り合いになっちゃうおもちゃや三輪車も使い放題・・・のはずが、やっぱり取り合いしていました。
どうしても人が使っているものが欲しくなっちゃうのかな。
「貸して~」「やだよ~」の繰り返し。
まだまだ「はいどうぞ」が言えない2歳児です。
でも、ケンカしていたかと思ったらすぐ笑顔で仲良く遊んでいる。
子供っていいですよね。

新しい築山は結構急で、昨日の雨で地面がぬかるんでいるせいか、小さな子供たちは(私もですが…)なかなか頂上まで登れません。
そこで、子供たちと階段作り!
途中で子供たちは飽きてしまい別のことをしだしましたが、ママたちは夢中でシャベルを振り上げます。
やっとのことで完成した階段!子供たちが上ったり下ったりして山を楽しんでくれました。

20150302 (1)

しばらくすると「ごはんできたよー」の声が!
みんな大急ぎでごはんの周りに集まります。
今日のメニューは定番の飯ごうで炊いたごはんとみんなが持ってきたお野菜がたっぷり入ったお味噌汁です。
飯ごうで炊いたご飯ってどうしてこんなにおいしいんでしょうね。今日は子供たちがご飯を奪い合って食べていました。
ここに来るとみんないつもよりたくさん食べるみたいです。不思議と普段は食べないお野菜も食べていたりするんですよね。

IMGP3133.jpg IMGP3136.jpg 

午後になると子供たちだけで遊ぶ姿が多く見られます。
その間、ママたちは嬉しいくつろぎのお茶タイム。
ゆっくりお茶と会話を楽しんでいたら、2歳の娘が突然泣き出しました。
どうしたのか聞きに行くとカラスが公園内に来たのが怖かったんだそう。
それを聞いていた5歳のお姉ちゃんが、私がやっつけてあげるってカラスを追い払ってくれました。
親が出なくてもしっかり子供同士で助け合って解決しちゃうんですね。
ここ、ちびころではこんな光景をよく見かけます。

今日も子供たちの行動から学ぶものが多かった1日でした。

ちびころでは親も子も普段経験できないようなことがたくさん体験できます。
これからもたくさんのお友達が遊びに来てくれるといいな♪

ayu    

ぽっぽひろば

2月23日(月)

本日のちびころは越谷市市民活動支援センターに来ています。
 
絵本の読み聞かせと子育て世代のママやパパが交流できる子育て交流サロン(自由参加)の場である、ぽっぽひろばの2月担当をしてきました。
 
プレーパークという外遊びの場で活動しているちびころも久しぶりの室内活動です。
 
普段は外遊びしてます!と、ご案内させていただき、さっそくパンダうさぎコアラ♪を歌いました。
・子供たちの好きな絵本
・ママたちがほっこりするような絵本
・紙芝居
・エプロンシアター
20150223 (4) 20150223 (3)20150223 (2) 20150223 (1)
 
子供たちも興味持って、紙芝居の周りに集まり、読む側もとてもうれしかったです。
 
なかには関係なく走り回ったりするお子さんも。
でも、子供たちにとって興味ある絵本が始まると自然と集まります。
今日は見なかったお子さんも、もしかすると、一年後は釘づけで見るかもしれないし、見ないかもしれない。
それでいいんだと思っています。
 
交流サロンでは自己紹介や子育てや外遊びの疑問質問、出産体験などを話してもらいました。
 
子育て現在まっただ中の忙しい毎日のママたちに、現在の点だけではなく妊娠出産からの線でもあることを、ふと感じてもらえたらなと思い、短い時間でしたがお話ししてもらいました。
 
また、外遊びで、自由であること、どこまで許容していいか、どこからはだめなのか。
参加下さったママから質問がありました。
 
これは私たちの永遠のテーマであると思っています。
 
自由であることと、どうでもいいというのとは違うということ。
人をわざと傷つけてしまったら、
「どうしてそうしたの?」
「どういう気持ちになった?相手はどういう気持ちだと思う?」
禁止ではなく、聞いていきます。
そうすると、お互いが納得できます。
わかりあえます。
 
結果だけじゃなくて、過程も大事にします。
そうすると、自由ということの重みもわかります。
 
子供たちが「ちびころに行きたい!!」と、言ってくれる、子供たちが輝いた目で過ごす時間がちびころにはあります。
丸ごと、受け止めてくれる場所、受け止めたくなる場所だからかな、と思っています。

(よっち) 

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-10月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
4日(木)~7日(日)

♦大袋地区センター乳幼児講座…
11日(木)・26日(金)

♦ おちかくプレーパーク…
21日(日)
@みどりの森

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20日(土)
越谷市放課後子ども教室


-11月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3日(土)29日(木)~12/2日(日)

♦ちびころ…
8日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
17日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ