NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 2018年11月
FC2ブログ

11/17 東越谷プレーパーク

11月17日(土) 東越谷プレーパーク

~6年生のツリーハウスと1年生の家~

1年ぶりに東越谷プレーパークへ。
「おはよう」と遊びに来た男の子たちを見ると
背が伸びて、声も変わって、驚きました。
6年生になると男の子はこんなにも変わるのですね。

6年生たちが木に集まって何をしているのかと思っていたら、
作っていたのはツリーハウスでした。
2_20181122110113932.jpg 
木の枝に見事なバランスで板が乗っています。
バランスの悪いところに木切れで高さの調整をして、
平らな床を作り出していました。
 
一人が座れるくらいのスペースですが、そこでお昼を代わる代わる食べています。
うらやましいと思いながら眺めていると6年生が教えてくれました。

「今日で(ツリーハウスを)作るのは4回目。
初めての時は一日かかったけど、もう午前中だけでできるようになった」のだそう。
 
今日はさらにもう一つのフロア設置に初挑戦。
見事二人が一緒に木で過ごせるように。
まさに「どや顔」(得意顔)を見ました。
3_20181122110115897.jpg 


我が家の小1息子は家作りにはまっています。
そのきっかけはこのツリーハウスも作ってしまうお兄さんの家作りを見たからだと思います。
今日も、プレーパークで出会った大好きな友だちと家を作るんだ!と大張り切り。
木の板で囲ったり、布で屋根をつければ出来上がり。
4_20181122110116cdd.jpg 
友だちと「家」でお昼を食べ満足そうでした。
引っ越しも2回し、
最後にいい土地(場所)を発見してまた家を作り、
幼稚園生の女の子や2歳ちゃんたちも一緒に入って遊んでました。

1年生の息子は、ツリーハウスは自分で作れないし、
登れないと分かるからか「すごい」とひとこと言いながら、興味はない様子。
自分たちが作った家が最高だ!と思っているようでした。

子どもたちがそれぞれ作ったものに満足し遊ぶ姿。それは見ていてとても心地良かったです。
5_201811221101189e7.jpg 

☆落ち葉のステンドグラスも楽しみましたよ。

1_20181122110112db0.jpg 
(かなもん)
スポンサーサイト

11/3 大袋プレーパーク

 今日、午前中越谷市市政60周年の式典があり、
越谷市のプレーパークを運営するNPO法人の代表をつとめる私は感謝状をいただいた。

越谷市に常設のプレーパークをつくりたいと
仲間とともに活動をはじめて15年が経つだろうか。
一緒にプレーパークで過ごした息子達は成人し社会人となっている。

子どものやりたいことが自由にできる場所。
ありそうでなくなってきているその場所を越谷市にもつくりたい。
そんな思いと同時に
私のような普通のお母さんが「ほしいなら自分たちでつくればいい」と気づき
少しずつ実現していけることに面白さを感じた15年だった。

家庭のことや仕事のことと、時間をやりくりしながら行うこの活動は
大変なこともたくさんあったが
それを「楽しいこと」に変えてくれたのは
愉快で心豊かな仲間たちと
夢中で遊ぶ子ども達の「あーたのしかった!」の一言だ。
1_20181117224352b6d.jpg 2_20181117224355a96.jpg  
子どもが元気に遊ぶまちはいいまち。
私が信じていることだ。

越谷市が遊ぶあふれるまちでありますように。

(あや姐)




11/8 ちびころ

泥遊びが大好きな息子。

毎回、裸足になってうにゅうにゅと感触を楽しんでいます。

今日は大きなフライパンでお料理開始!
泥のお肉に葉っぱのお野菜かな?

作ったと思ったら出してみる 
出したと思ったら投げてみる        

思いつくまま自由に遊ぶ息子の姿にとても癒やされる時間です。

汚れちゃうからだめだよー

なんてもったいなくて言えません(笑)

普段の公園では遠慮がちな泥遊び 
ここでは
「いい遊び方してるねー!
気持ちいいね!」  
と笑顔で声をかけてもらえます。

見守ってくれる方達が温かく、それがすごく嬉しいです。

今回のちびころでは、

柿にリンゴ、焼き芋、焼きリンゴ、焼きさといも!
2_20181117221157ae0.jpg 

1_20181117221155a15.jpg 
それにあったかーいスープ
色々な秋の味覚を楽しませていただきありがとうございました(*^^*)

おいしかったぁ
幸せだー

お腹も心も満たされた息子は
ぐっすりお昼寝です。

わたしも子どもも穏やかに楽しめる場所
笑顔の場所
3_2018111722115851d.jpg 
また行きたくなる場所
それがわたしが思うプレーパークです(^^)
4_201811172212008a4.jpg 
次回が待ち遠しいなぁ

10/26  大袋地区センター事業④

連続講座も気がつけば最終回になりました。最後の日は絶好の紙ひこうき日和です!

ほどよい風と青空のなか、
みんな少しずつプレーパークの自由な雰囲気に慣れてきたのか、遊び方も様々。
参考に置いてある絵本を見ながらささっと紙ひこうきを作っては親子で飛ばす姿
1_20181117215703961.jpg 
それよりもやりたいことがある!とシャボン玉のうちわを仰ぐのに一生懸命な子の姿
2_201811172157043b6.jpg 
鉄板人気の水道付近で水遊びの姿etc…。
3_2018111721570687a.jpg 
そんな子ども達を離れて見守るお母さん達。
子どもに手を出されずにお茶やコーヒーが飲める貴重な時間…
個人的にはこれが一番大事かもしれないです。
5_20181117215709e1c.jpg 

娘と参加した私は、どかん山の上から紙ひこうきを何度も飛ばしました。
丘の上で少し風も出ている分、紙ひこうきは娘が飛ばしても程よく運んでいってくれるので大喜び。
4_20181117215707783.jpg 
人の多い広場では母親べったりなモジモジガールも、
一人でできることが嬉しいのか、声を上げて笑う姿を見ることができました。

最終回なので、後半、お母さん達で最後の振り返りの時間がありました。
子ども達はシート中心にある焼き芋やリンゴの罠にしっかりハマっています。
その隙に(笑)
お母さん達は一人ずつ、今回の講座に参加した感想を自由に一枚の小さな紙に書き出します。
「楽」って一字が出てくるお母さん、
今日の終わった気持ちをマークで表すお母さん、
子どものすることにダメって言わないでいられたというお母さん。
十人十色ですが感想を話すお母さんの顔はみんな笑っていたな、
と思いました。
6_20181117215710287.jpg 
プレーパークは自分の責任で自由に遊ぶ、が基本。
自分の責任で行う分「できる」ことも沢山あれば
「できない」ことも沢山出てくるはずです。
でも、その「できない」を子どもの頃に沢山体験することも
大切なんじゃないかと最近は思うようになりました。
子どもが何かしようとする時、「できない〜!」ってなると、
後ろで見ている大人はそのやり方や上手くいく方法の近道を知っている分、
すぐ助け舟を出したくなります(私だけ?)。
でも、その上手くいかない、できなくて悔しくてモヤモヤする感覚。
結構大切なんじゃないかと思うんです。
それで諦めてしまうこともあるかもしれないけれど、
プレーパークに参加してから「そんな時もあるか。少し待ってみよっか」
と思うことが出来るようになりました。
いつもじゃないですけど!(笑)

「できない」に対して大人側の私は「待つ」ことがあまり出来ていなかったのかな…
とちょっと反省しながらの帰りの車内。
2歳半を過ぎた娘は、最近昼寝をしなくなったのですが、この日ばかりは後部座席で熟睡です。
プレーパーク土産の赤い風船を握り締めながら…。
そうして家では長女と、風船でまた次の新しい遊びを始めるのでした。

あっという間の全4回。
中でも外でも楽しくて、プレーパークは、いろんな気持ちをお土産に貰える場所でした!
(ぐっち)

10/21 おちかくプレーパークinみどりの森公園

プレーパークは自由な遊び場で、集まる人によっても雰囲気や場の空気が変わり、
ほっとして、とても心地よく、好きな場所です。

今回はいつものプレーパークとは違い、
おちかくプレーパークは出張型なので始まる前少しドキドキしました。
1_20181103194525285.jpg 
いつもの場所じゃないところ、
そして気仙沼から来てくれるプレーワーカーさんもどんな人だろう?
集まる人達はどんな人なのかな?と内心少し戸惑いもありました。
でも当日は、プレーワーカーのカンペーさん、みゆさんが
作り出す雰囲気にとてもほっとしました。
2_20181103194526ad7.jpg 3_20181103194528903.jpg 

プレーカーに詰まったいろいろな遊び道具、工具、材料にはビックリしました。

7_20181103194534978.jpg 
もちろんいつものプレーパークとはできることが少し違いますが
、「これしてもいい?」と大人に許可を取るように聞いていた子ども達が、
「これやろう!」「これしたい!」と自分の気持ちを素直に伝える姿に変わっていくのを見て、
「ああ、ここもプレーパークなんだなぁ」しみじみ安心しました。
4_20181103194529293.jpg 5_20181103194530b70.jpg 6_201811031945317ae.jpg 

もちろんプレーパーク常連組も、いつもと変わらずハッスルしていました(笑)
8_20181103194535d9e.jpg 
後片付けも、参加者みんなで一緒に出来たこともなんだかとても気持ち良かったです!

改めて越谷プレーパークは、この時、この場にいる人達で作ってくこと、
場所は変わっても、その雰囲気や空気は変わらないことを感じました。
いつもの良さ、そして今日この場でしか味わえない良さ、
越谷プレーパークの奥深さを知った1日でした!(カズ)
9_20181103194536efd.jpg 


10/20  東越谷プレーパーク

10月20日(土)

夏休みにボランティアできていた高校生が友達一人を誘って三人でやってきて、
にぎやかなプレーパークとなりました。
彼らが来ると、子ども達のテンションがあがって、遊びが盛り上がるのがよくわかります。
高校生って大人に近い年代の子ども達。
この年代の子どもたちがまだ未知の小さな子どもの保護者にとっても刺激的に魅力的にみえるかもしれませんね。


何かを一緒にできてそれぞれが楽しめるって「遊び」ならではと思いました。

高校生たちにも感想をききました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の参加は3回目でした。焼きマシュマロ、バームクーヘン作り、ドッジボール、鬼ごっこ、
保護者の方を含めた徒競走をやりました
今までに2回来ていたこともあり保護者の方々とお話をさせて頂く機会も増えて、
今までよりも楽しくできたと思います
これからは寒くなって来るので火を使う機会が増えると思います。
そのため、ケーキのレシピを持って来て皆で作るということも楽しめると思いました (デメテル)

子供、大人、高校生。
力の違うみんなで一つのゴールめがけて走るのはなかなかおもしろかったです。 (リクヤ)
1_201811012220207ff.jpg 
2_20181101222027fbe.jpg 
3_20181101222028555.jpg 
4_20181101222028760.jpg 

それからこの日、何年も前から使ってきた倉庫を新しくしました。
そのために倉庫の中の物をすべて外へ出したりしました。
絵の具や画用紙、壁紙などたくさんの物があり、宝探しのようで楽しかったです。
5_20181101222028615.jpg 

11月は落ち葉遊びをやりたいとおもいます。
東越谷第7公園はどんぐりもたくさん落ちてますよ。秋を楽しみましょうね。
(川)

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


-1月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5日(土)

♦ちびころ…
25日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
19日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ