NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 8月連続開催 大袋プレーパーク
FC2ブログ

8月連続開催 大袋プレーパーク

8月26日~29日まで3日間連続で開催した大袋プレーパークが終了しました。


 今回の開催では、NPO法人たねの会の研修プログラム『地域の遊び場で「プレイワーク」を学ぶ夏!!』の受講生を受け入れました。
P_20170828_115138.jpg 
 NPO法人たねの会は埼玉県内で遊び場づくりをしている人や冒険遊び場をはじめ、
 子どもに関わる仕事をしている人や、人材育成に携わる人たちで立ち上げた会です。
 冒険遊び場のように「やりたいことができる」環境をつくることで、
 自分らしく生きることの大切さを社会に投げかけていきたいと活動をしている団体です。

 今回のプログラムの中では、冒険遊び場や児童館、幼稚園などでの実習も含まれていて、
 越谷の大袋プレーパークもその実習先となりました。
 「プレイワーク」という遊びの力を使ってどんな時にどんな人とどんな風に関わることができるかを実践したのです。 
 実習生としてやってきたのは、東京都北区の冒険遊び場で「ママスタッフ」として勤務し、
 プレーリーダーの補佐的役割をしている2人のお母さんと
 茨城県で遊び場づくりをしているお母さんの合計3名でした。
 お母さんと言っても実習としてきたのですから、当然わが子は預けてきています。
 それだけでも本気な姿勢がうかがえます。

 プレーパーク終了後の振り返りでは、「プレイワーク」を学ぶと自分自身がどのような人間であるかが浮き彫りにされるという話がありました。
 自分の得意なこと、苦手なことだけでなく、楽しいと思うこと、いやだと感じることまで子どもを通して感じるようになるのです。
 それに気づいただけでも彼らが「プレイワーク」に真剣に取り組んでくれたことがわかります。
P_20170828_113031.jpg 
 子どものやりたいことを保証し、自由な遊び場をつくるためには、
 大人たちの様々な葛藤があります。
 それに立ち向かうためのスキルや経験が必要になるのです。 
DSC_1126.jpg 
 冒険遊び場ではよく、子どものやることやトラブルに大人が口を出さないことが誤解されることがあります。
 “ほったらかし”にしていると思われるようです。
 それは、親子関係という子どもと大人の関係が基本になっているからなのでしょう。

 冒険遊び場には、親でも子でもない、子どもと大人との関係がたくさんあります。
 そこには、親とは違う目線で冷静に子どもを見守る大人の姿が見られます。
 「プレイワーク」が魔法をかけるようです。

 しかし、その関係づくりには時間が必要です。
 6月~8月からの3か月連続開催だけでは時間がたりないと改めて感じています。
 さらに残念なことに今度の開催は1月になります。

 もっと開催できるようになれるといい!

 そのためには私たちだけの力ではたりません。
 たくさんの方の応援が必要です。

 私たちと一緒に「プレイワーク」を感じてみませんか。
P_20170826_133853.jpg 
<代表理事 あや姐>

スポンサーサイト

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-9月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)

♦大袋地区センター乳幼児講座…
13日(木)・28日(金)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室


-10月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
4日(木)~7日(日)

♦大袋地区センター乳幼児講座…
11日(木)・26日(金)

♦ おちかくプレーパーク…
21日(日)
@みどりの森

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20日(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ