NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 10/24(火)最終回大袋地区センター
FC2ブログ

10/24(火)最終回大袋地区センター

10月24日(火)
大袋地区センター主催・乳幼児講座第4回

「お外で子育て」講座、
~まぁるいものをみつけよう~をテーマに
行われてきた講座も最終回です。
① 

今日も、順調に!

水が好きな子どもは水道を陣取って、
ひたすら水を触りじーっとみつめています。

料理に目覚めた子どもは、親のハラハラを
よそに、ひたすら野菜を切り続けます。

子ども同士の衝突にいたっては、思いっきり
気の済むまで衝突。

「すみません」
「あぶないからやめなさい」
「ダメ!」…ほとんど聞こえてきません。

へぇ~、こうゆうことが好きなんだ、
やりたいんだ、そんな眼差しで子ども達を
見ている大人がたくさんいました。
講座最終回だけあって、見守ることに
慣れてきた様子です。
② 

とはいえ、衝突(ケンカなど)は親にとって
一番気になります。お互い泣きわめいて、
自分の気持ちを爆発させていた
2歳の女の子たち。親同士としては
『もう、うちの子がスミマセン』
という流れになりかけます。が、
プレーリーダーのいる遊び場は違います。

「ちょっと待って。近くに大人もいるし、
 見守ってみよう。」

すると衝突はどうなるか。しばらくすると
何事もなかったように、また隣で遊び始め
ます。『え?!』と思った方、今度じっくり
見守って見て下さいね。

2歳の娘はなんでも独り占めしたがる時期
のようで、つい口をはさみたくなります。
でも少し見ていると、しばらくオモチャを
握りしめたあと、隣にいたお友達に渡して
いて、自分のタイミングがあるんだな、
と気付かされました。

赤ちゃんは、子育てを終えたベテラン母の
スタッフが抱っこしたり、ママが懐かしい!
と言って抱っこしたり。
大人たちは自分の子だけでなく、ここに
来た子どもたちといつのまにか遊ぶ。
大人同士のおしゃべりもなんだかのんびり。
③ 

こうゆう場所があれば、育児ストレスとか
なくなるんじゃないかと本気で思いました。
そして、この場所は、ここにいるひと、
一人一人が作り上げているんだと改めて
思いました。見守ることができる空間は、
本当に居心地が良いです。

講座のサブテーマ、
~まぁるいものをみつけよう~。私の心には
しっかりと「まぁるい」温かいものを
見つけることができました。
④ 

終わりの時間、子どもたちが6人くらい
集まってテーブルを囲んでいました。まるで
子ども会議。「何話してるんだろうね」、
と大人たち。きっと、子どもだけで話したい
ことがあったのでしょう。この様子の写真、
こっそり撮っておきたかったです!


★講座最終日のスペシャルゲスト紹介★

オレンジ色の大きなかぼちゃ!
遠くに住んでいる80歳のおばあちゃんが
丹精込めて作ったもの。たくさん送られて
きたからと持ってきてくれました。
まるごと「焼きかぼちゃ」にしてみんなで
食べました。とてもおいしかったです。
ありがとうございました。
かぼちゃ 焼いたかぼちゃ

(かなもん)
スポンサーサイト

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?

-11月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3日(土)29日(木)~12/2日(日)

♦ちびころ…
8日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
17日(土)
越谷市放課後子ども教室


-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1日(土)2日(日)

♦ちびころ…
13日(木)

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
15日(土)
越谷市放課後子ども教室



遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ