NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 6/1 大袋プレーパーク
FC2ブログ

6/1 大袋プレーパーク

6月1日(土)

今日のプレーパークには、越谷市内にある文教大学の学生ボランティアが13名もやってきた。
大学1年と2年で、教職や子どもとかかわる仕事を目指している学生たちだ。

さらに、今日のサブプレーリーダーも文教大生2名なので、
大学生の遊び場?と思うほどの人数の多さだった。

私にとってはまだまだ子どもと思うところもたくさんある彼らだが、
子どもたちにとっては立派な大人である。
大人が多い遊び場は、目が行き届いて危険が少なくなるともいえるが
子ども自身が考えて工夫したり創造力を発揮できる時間が少なくなるのではないかとちょっと心配になった。

なので、朝の打ち合わせで彼らにお願いしたのは
今日は「あなたたちが小学校一年生になって遊んでください。」ということ。
1_20190608221531253.jpg

さすがに今までにも子どもとかかわるボランティアを経験していた彼らなので
それぞれが遊び相手を探して一緒に遊んでいた。
学生だけが集まって話をしたり、何をしていいかわからない様子で固まっていることは少なかった。
彼らなりに工夫してくれたようだ。
2_20190608221533426.jpg

お母さんたちからも大学生がいるおかげで、子どもから目を離すことができのんびりできたとの感想もあった。
子どもを連れてきた親たちにはとても好評の遊び場になった。

だけど・・・
片づけが終わって大人たちが今日の振り返りをしている間に遊んでいた男の子二人の遊び。
彼らは築山の下の土管の内側の壁や天井に泥をぺたぺたとくっつけて遊んでいたのだ。
「工事ー!」なのだそう。
3_20190608221534bf0.jpg

こんな遊びは大人がみていないところで、彼ら二人きりだからできた遊びなのではないのだろうか。
なぜか私はこっちの遊びのほうが豊かだと感じてしまう。

私自身も子どもころ楽しかった遊びの思い出に大人は一人も登場しない。
やっぱり大学生の数を少し制限しようと、心に決めた瞬間だった。

<あや姐>

 

 

 

スポンサーサイト

カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?

-7月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5(金)6(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
20(土)
越谷市放課後子ども教室


-8月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
3(土)30(金)31(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
17(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ