NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 7/5,6 大袋プレーパーク
FC2ブログ

7/5,6 大袋プレーパーク

最初に遊びにきていたのはカメさん。
これにはビックリ。
o1.jpg 

7月の大袋プレーパーク。
私の心に強く残った光景があります。
ほんの一部でしかないのですが、
3つ紹介します。

①ドラムを叩く少年
自分の演奏が終わるまでの数十秒間に
見せた小学生の真剣になっていく表情。
自分の奏でる音に酔いしれたような、
そんな瞬間がありました。
それをそばで見ていた子どもたち、
思い思いにガシャンガシャン叩いていきます。
時には大人も。最後に登場したのが、
この男の子。やってみたかったよね。
o2.jpg 
自分が叩いてもいい時が来るまで、
じっと待っていたのでしょう。

バケツの底を竹のスティックで叩くと
とってもいい音です。あ、ドラムとは
このことです。

②スポーツドリンク屋さん誕生
熱中症対策に、スポーツドリンクのジャグを
用意しています。空っぽになったので追加
して作ろうとしていると。
女の子が二人よってきました。
「あ、わたし、やるやる!」
「あ、スポーツドリンク屋さんやろう!」
「いいねぇ!」
目を輝かせる二人。
o4.jpg 
看板が作られ、サービス券が作られ、
プレーパーク中に配られました。
すてきなスポーツドリンク屋さんです。
…こんな熱中症対策、すごい!
とスタッフ目線で思いました。

③ずっと、追いかけっこ
ずーっと追いかけっこしている男の子たち。
年齢も様々な5,6人のグループ。小さな
子どもも時々加わり、一緒に走りながら。
鬼ごっこなのか、時々からかい合っている
のか、傍目からはよく分かりません。

一番年上の小4の男の子が、
小2の男の子に「リーダー!」と言っている
のが聞こえました。小2の男の子が年長の
男の子に「親方!」と言っている声が聞こえ
ました。このグループ間での呼び方は
さっぱり分かりませんが、ずーっとずーっと
走り回っていました。怒ったり、笑ったり、
泣いたり、そしてまた笑い合って。

息子は同級生と鬼ごっこをしません。
そんな姿が気になっていました。
「足が遅いから」と言って最初からやらない
のです。だから、プレーパークでずっと走り
回って追いかけ、追いかけられの姿に、
親の目からすると、ほっとしたような、
じーんとした気持ちになりました。

***
o3.jpg 
子どもがやりたいことを、やれる場所。
紹介しきれない、たくさんの遊びが繰り広げ
られています。遊びが豊かです。
自由に遊ぶ姿は、大人も心が潤うと私は
感じます。異年齢の良さも、ありますよ。
初参加の方も多かった7月。

次回は、8月3日土曜日です。遊ぼう!
(かなもん)
スポンサーサイト



カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-9月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1(日)7(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
21(土)
越谷市放課後子ども教室

-10月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
19(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ