NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 10/5 大袋プレーパーク
FC2ブログ

10/5 大袋プレーパーク

10月5日(土)

今日の大袋プレーパークに遊びにきたある親子の様子から、
子どもの「やりたい」ことに寄り添うとどんなことが生まれるのかをご紹介します。

3歳ぐらいの女の子。1歳にならない弟を抱っこしたママに連れられてプレーパークにやってきました。
最初はほかの子がやっているお絵かきや粘土やおままごと遊びを
少し一緒にやっては離れるという感じで遊んでいました。
まるで、自分の「やりたい」という気持ちが動くものを探しているかのようでした。

すると、火が起きているかまどのところで、
少しだけ年上の女の子がプレーリーダーのトッキーとホットケーキを焼いていました。
ちょうど、フライパンの上でフライ返しをつかってホットケーキを返すところでした。
クルッ! 上手に返しておいしそうなきつね色の生地が上を向きました。
「上手!やったことあるの?」とトッキー。「はじめてやった」とお姉さん。
「初めてなのにすごいねー」とトッキーが褒めちぎりました。
1_2019101220584907d.jpg 
その二人のやり取りをじっと見ていた3歳の女の子
「私もやってみたい!」はじめて声を上げました。
「やろう!やろう!」とトッキー
「熱くなったフライパンの上にお玉に一杯生地を流して、ぷつぷつ穴が開いてきたら返してね。」
やり方を説明しました。
心配そうにママが近づいてきたので、「ホットケーキをつくったことありますか?」と聞くと
フライパンを使わせたことはないとの返事。3歳ですから当然です。
でも、私たちがそばについているせいか、ママは何も言わずにやらせてみることにしたようです。

ホットケーキの生地にぷつぷつ穴が開いてきて、
「ひっくり返していいよ!」の合図でフライ返しを使って返してみました。
できたー!フライパンの端にかろうじて乗った感じでしたが、ちゃんとできました。
2_20191012205851fe1.jpg 
見守っていたママも「すごいね!」とうれしそう。
そうなんです。ママの「子どもを信じてやらせてみよう」のスイッチが入った瞬間です。

こうなると、ママは子どもからかなり離れて見守るようになります。
子どもだけが自由に遊ぶ時間が生まれてきます。
今日は、小学生や大学生のお姉さんたちも泥遊びをしていました。
当然やりたいスイッチがここでも入ります。
最後にはまるで泥から生まれてきた生き物のようになっていました。
3_20191012205852e11.jpg 
ほんの数時間前にこの女の子がここまでの遊びをするなんて誰が想像したでしょう。
かわいい魚のワンピースが茶色いワンピースに変身するなんてだれも想像していませんでした。

しかもすべての遊びが自分で選んで自分でやった遊び。

子どもは思い通りに遊べたことに満足し、
大人は子どもの笑顔をみて、信じてやらせた自分に満足。

この親子が帰る後ろ姿は、
どろどろの娘を連れて帰ろうとしていることが感じられないほど穏やかな空気がありました。

こんな物語が毎回生まれるプレーパーク。
豊かな場所だと自信をもっていえるのです。

<あや姐>
スポンサーサイト



カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-11月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1(金)2(土)3(日)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
16(土)
越谷市放課後子ども教室

♦出張プレーパーク!…
越谷市科学技術体験センター
ミラクル前
「七左第4公園」
17(日)

-12月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
6(金)7(土)8(日)

♦ちびころ…
12(木)

♦東越谷プレーパーク…
21(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ