NPO法人 越谷にプレーパークをつくる会 野下健氏講演会
FC2ブログ

野下健氏講演会

2月21日(木) 越谷市民活動支援センター

野下健(のしたたけし)氏 講演会

のざわテットーひろばに学ぶ 
プレーパークの乳幼児たち

入園・入学までの親子の過ごし方って、みんなどうしてるんだろう?
放射性物質、花粉、黄砂、PM2.5…お外でマスクしてまで遊ばせるのってどうなの?
暑かったり、寒かったりすると、公園に付き合う大人のほうがつらくない?

プレーパークとしては乳幼児の利用が多い特徴を持つ、テットーひろば。
子育て支援事業として世田谷区の助成を受けて
「地域のみんなで子育てしよう!」と子育て当事者のお母さんを中心に
ボランティアで運営している遊び場です。
運営会員48名、賛助会員52名。たくさんのひとが
『遊び』の大切さを感じ、やってもらっているイベントにただ参加するのではなくて、
一緒に支えあって育児を楽しんでいるなぁ…
というのが第一印象でした。


DSCN1512_convert_20130224204344.jpg 

前半は様々な子どもの身体的・内面的な統計データをもとに、

『遊び』ってなんだろう?
…それは、生きることそのもの。

子どもは生きること(=遊び)を
身近な人や仲間に受け入れられる事で
心身ともに成長するもの。


ということを、
プレーパークの行動観察から感じた写真を交えて紹介してくださいました。


DSCN1510_convert_20130224204703.jpg 
お隣の部屋では保育。ママはのっし~の話に集中…

後半は、そのために私たちは何ができるのか?
 ・子どもの遊びを受け止められる環境をつくること。
   あれしちゃダメなんでしょ…じゃなくて、やりたい!を受け止められる場所に。
 ・みんなで子育てすること。
   支え・支えられ、その雰囲気が大人も子どもも元気に。
 ・子どもと一緒に感じること。
   子どもが感じている快感情を感じ取って、共有しよう。

それは、囲われた箱の中(屋内)より
開放的な屋外環境のほうが容易で最適ということ。
のっし~自身は、造園を学んだことを生かして
公園のレイアウトで人の行動をコントロールする
(自称)”ワナ”を仕掛けるタイプのプレーリーダーということで、
大袋のふくろうひろばにも、たくさんのヒントをもらうことができました。

しかし、まだ大きなハードルが私たちにはあります。
”人”です。
テットーひろばのように多くの人に支えてもらえなければ、
ふくろうひろばも維持できないと
 感じました。
『地域のみんなで子育てしよう!』のモットーの意味がよくわかります。

自分の子どもが遊ばなくなったら関係ないと離れていく人もいるでしょう。
でも、我が子の時にしてもらったことを誰かにしてあげるという循環が
コミュニティにはとても大切な要素となっています。ひとりで育てしない。
育児で手一杯のときは助けてもらい、手が空いてる時に助ける側に。
心地のいい場所はそんなところから生まれるのだと感じました。

迷惑だとか気にしすぎるヘリコプターペアレンツの話は、
どのママたちにも記憶に残ったんではないでしょうか。
他の人が見たらどう思うかを気にして、子ども行動をホバリングしつつ監視し、
何かしようものなら注意するために急降下してまた元の位置に帰っていく…(笑)

隣の子どもも我が子のように一緒に遊べる。
子ども同士を遊ばせながら立ち話ができる。
自分の子どもと近すぎると口出ししてしまうけれど、
第3者の立場で適度な距離感をとれば、おおらかになれるものです。 

DSCN1511_convert_20130224204524.jpg 
ママの側にいたい子は横で積み木をしながら。 

子どもが思いっきり遊べて、子育ての仲間がいて、子どもの笑顔が大人の笑顔になる。
大人だけでなく子どもだけでなく、一緒に『楽しい』を感じるのが大切。
この講演会を終えて、越谷の大袋地区でも、
そんな場所や空間づくりができたらいいなぁ、
と改めて思いました。
地域のみんなで支えあって、子どもの遊びを受け止めて成長を喜び合いたいですね。




 


スポンサーサイト



カテゴリ

一緒に冒険遊び場を作りませんか?


-9月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
1(日)7(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
毎月第3土曜日
21(土)
越谷市放課後子ども教室

-10月の開催日-

♦ 大袋プレーパーク…
5(土)

♦ちびころ…
ありません

♦東越谷プレーパーク…
19(土)
越谷市放課後子ども教室


遊び場づくりスタッフを
募集しています
気軽に声を掛けてくださいね

おしらせ

イオン・イエローレシート
登録しています!

毎月11日、イオン千間台店で、お買い物をするともらえる黄色いレシートを専用投函ボックスへ!
合計金額の1%相当額が会に寄贈されます。
越谷にプレーパークをつくる会を支えてください。

最新記事

プロフィール

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会

NPO法人                 越谷にプレーパークをつくる会
TEL:090-7411-4693
FAX:048-978-3817
MAIL:
koshigaya.asobo@gmail.com

Npo法人越谷にプレーパークをつくる会

Facebookページも宣伝

QRコード

QR

リンク

月別アーカイブ